free web hit counter

不妊整体、マタニティ整体、産後の骨盤矯正、腰痛、肩こりは岡山市北区の整体院・大原カイロプラクティックへ

メニュー

岡山の整体【大原カイロプラクティック】不妊整体/マタニティ整体/骨盤矯正


岡山県岡山市北区野田2-7-12 プチブル野田102

ご予約・お問い合わせはこちら
086-239-3470

受付時間: 平日10~20時
土日祝10~16時
定休日: 水曜日

WEB予約
お問い合わせ

実際の症例報告

整体/カイロプラクティック/施術ブース

症例報告集

当院での実際の症例をまとめました。
自分と似た症状があれば検索してみてください。

これ以外の症状もお気軽にお問い合わせください。

※それぞれの症状をクリックすると、もう少し詳しい内容を見ることができます。

<不妊>

№2022■チョコレート嚢胞と不妊(39歳 女性 歯科医)

★来院時の症状★
慢性的な肩こりがあり、お友達のご紹介で来院されました。
週1頻度で頭痛もあり、ここ半年は少し腰痛も感じる状態。
産婦人科での検査では右卵巣が子宮内膜症性卵巣嚢胞(チョコレート嚢胞)
だんなさんの方は問題無し。
何回かタイミングをはかったが妊娠には至らず、体外受精に踏み切る予定。


★初見と分析★
特に上半身はガチガチの状態で、週1頻度の緊張性頭痛もうなずける状態でした。
仕事柄、首肩はこりやすいので毎日のエクササイズを徹底してもらい、最近は腰痛もあるということですから、まずは全身を緩めて身体を整えることに重点をおきました。

その中で、「そろそろ年齢的にも子供の事を考えないと」ということになり、当院独自のタイミング指導や夫婦共にやって頂く事項を説明して不妊整体もスタートしました。


★施術内容★
まずはひどい首肩こりと頭痛、腰痛の改善から始まりました。
硬くなった全身の筋肉を緩めていく事が中心で、内臓調整や頭蓋調整などはやっていません。

体を温めるための生活習慣指導と一番いいタイミングの取り方などを初回に説明しました。

2回目の施術時は首肩こりも軽減しており、頭痛もでなくなっていました。
ちょうど排卵前が初診だったので一番いいタイミングで施術ができて、結果その周期で妊娠されました。

妊娠反応が確認された後も胎動が確認されるまでは施術をしているのですが、胎嚢確認時に産婦人科で切迫流産と診断されたため安静に。

10月に初診で来院され、6月に無事女の子を出産されました。


★評価・コメント★
子宮内膜症やチョコレート嚢胞は体が妊娠を欲している状態なので、ひどい状態でなければ妊娠はできるはずです。
今回も内膜症自体は影響せず自然妊娠されました。
体外受精に向けて不妊専門病院で血液検査を始めたところでしたが、その前に妊娠できて良かったです。

№1903■男性不妊と不育症(34歳 女性 主婦)

★来院時の症状★
2年前に結婚、不妊治療は1年前から大阪で受けている。
生理不順で周期は30~50日。
産婦人科の検査では子宮内膜症性卵巣嚢胞(チョコレート嚢胞)があり、多嚢胞性卵巣気味で不育症の傾向もあり。(甲状腺、血液凝固因子)
だんなさん側は男性不妊(無精子)で睾丸から精子を採取して凍結保存中。
今までに受精卵を2回移植して1回は流産、1回は着床せず。
体調的には慢性的な首肩こり(左)があり、足とお尻の冷えが強く、体質改善のため来院されました。


★初見と分析★
特に左首のはりが強く、背中から太ももにかけても硬直状態でした。
顎の筋肉も固くなっており、朝の肩こりがひどいということなので、おそらくストレスも多く歯軋りがひどいのだと思われます。
次の移植予定が10日後くらいだったため、全身を緩めて身体を整えることに重点をおきながら、顎を緩めるためのフェイシャルケア、子宮の反射ポイント調整、内臓調整、頭蓋調整を組み合わせていきました。


★施術内容★
初回はひどい首肩こりの改善と背中から太ももにかけて硬くなった筋肉を緩める施術と内臓調整や頭蓋調整、フェイシャルケアを組み合わせました。
また、生活習慣の改善、毎日やってもらいたいことなどを説明し体を温めリラックスさせることに重点をおきました。
2回目には肩こりは軽減、冷えは数回では改善しないですが体のだるさも取れて良好になりました。

今回は2段階移植の予定で、1回目移植日の前日にもう一度施術をし、その時点で内膜も12mmあり、その周期で双子を妊娠されました。

4月に初診で来院され、12月に無事男の子の双子を出産されました。


★評価・コメント★
今回のような男性不妊の場合は顕微授精しか方法がないので、どれだけ着床しやすい体にできるかにかかってきます。体だけではなくストレスケアもしながらの施術でしたが、最初の周期で妊娠できてよかったです。
ただ、不育症の傾向があるので妊娠反応が出る前から、抗凝固薬であるヘパリンの注射をされていました。出産まで自己注射をやっていくのは大変だったと思います。
その甲斐あって無事に双子の男の子を出産されました。本当によかったです。

№1856■死産を乗り越えて(37歳 女性 会社員)

★来院時の症状★
不妊治療歴約3年、最初の産婦人科では人工授精4回で妊娠に至らず。
体外受精に移行するために不妊専門病院に変えて3回目の移植で妊娠。
来院時は産後6ヶ月でしたが、分娩中に常位胎盤早期剥離で死産でした。
死産後は生理周期が延び、基礎体温も低く不安定になり、体調を整えるために来院されました。
体の症状は産後から膝痛があるのと、事務職なので首肩こりが常時ありました。


★初見と分析★
体も精神的にも疲れた感じで、特に上半身の筋肉は硬直していて内臓も硬くなっていました。
症状的にも首肩こり、膝痛、便秘、冷えが出ており、全身ケアと内臓調整、精神的ケアに主眼を置いて施術していきました。


★施術内容★
まずは全身の硬くなった筋肉を緩めて、首肩こりと膝痛の改善、血行促進と体温アップのための内臓調整、移植準備のために子宮とモルモンの流れの調整からはじめました。
冬場でしたがシャワーが多いので、体を温めるための生活習慣指導と食事の指導、妊娠に向けての心構えなどを説明しました。

2回目の施術時は首肩こりも軽減しており、1週間後に移植することが決まりました。
移植直後の施術時は基礎体温も36.7度になり、内膜も12mmの良好な状態でその日は体を温めるためにホットパックも活用して施術しました。
結果その周期で妊娠されました。

胎動が確認されるまでは施術をして、その後安定期までは休憩。

1月に初診で来院され、10月に無事出産されました。


★評価・コメント★
初診時に気丈にふるまわれていましたが、やはり死産の話をされるときは涙が止まらなかったです。
精神的なストレスが体に与える影響は大きいので、今回のケースは特に精神面と体の両方のケアが必要でした。そのため、最初の移植で結果が出たことはすごく良かったです。これも妊娠したいという本人の強い意志があったからだと思います。
常位胎盤早期剥離は出産時のトラブルではよく聞きますが、1%未満のレアケースですから仕方がなかったかもしれません。ただ、分娩時に早く気付けば助かった可能性も大です。2回目の出産はNICU(新生児集中治療室)のある総合病院を選択されました。

№1642■子宮筋腫と卵管閉塞(35歳 女性 主婦)

★来院時の症状★
結婚4年目、不妊治療歴1年半
左卵管閉塞あり、子宮筋腫手術あり
今まで5回の人工授精で未着床
左卵管閉塞のため右からの排卵の時のみ人工授精実施
体調的には慢性的な首、腰のコリ、冷え

★初見と分析★
だんなさんが東京で単身赴任のため、岡山の病院で卵胞状態をチェックして人工授精のために東京の病院に通われています。

だんなさんは仕事も忙しく一人暮らしのためストレスも多いようで、人工授精のたびに精子状態が悪くなっています。

奥さんの方は身体はガチガチで不妊治療と東京まで通うストレスも相当ありました。
まずは体と心を緩めることに重点をおいて、精子の状況次第で体外受精をすすめることも必要と考えます。


★施術内容★
硬くなった全身の筋肉を緩めていく事を中心にして、内臓調整(子宮、鼠径部、ホルモンの流れ)も施術に加える。

11月、12月、1月に人工授精したが着床せず、精子の運動率が悪かったので、体外受精もすすめたが、夏頃までは人工授精(自然に近い方法)を続けたいとの意向。

2月は左からの排卵のようなので人工授精は延期、3月は人工受精をしたが結局は左からの排卵だった。この時点で体外受精に移行する決断をされ説明会の予約をとられました。

6月採卵予定のため卵を育てることに重点をおいた施術を実施。
採卵時、10個受精して5個凍結保存(胚盤胞)、精子状態は悪かったため顕微授精。

7月に初めての移植予定だったためホルモンの流れと骨盤周りを重点的に施術。
8月上旬に出血があったようだが、中旬に妊娠判定。出血は着床時出血だったようです。
4月に無事男の子を出産されました。


★評価・コメント★
自然に妊娠できるのが一番いいですが、医学的な見地からなかなか難しいパターンも見受けられます。体外受精になってくるとお金もかかりますし、薬をだいぶ使いますから体にも負担が増えます。そのことがストレスになったり卵や体に悪影響を与えることも多いと思います。
しかし、特に精子状態が悪い場合、それが改善しにくいのであれば体外受精は有効な手段にもなります。

★喜びの声★
不妊については主人以外、家族にも友人にもなかなか相談できなかったので、経験者である先生とのお話は気分的にもかなりラクになりました。
主人も通うようになり、調子が良さそうです。
今後とも主人ともどもよろしくお願い致します。

№0677■二人目不妊と不育症(39歳 女性 医師)

★来院時の症状★
最初は一人目のお子さん(体外受精)の産後3ヶ月に産後の骨盤矯正で、左足の違和感と両手の痛みとしびれ、肩こり、週1の頭痛、腰痛で来院されました。
その後も定期的にメンテナンスで来院されていて、子供さんが2歳半くらいから二人目が欲しいということで病院での不妊治療を再開されました。
不妊治療を再開後、受精卵の移植も5回うまくいかず、4回目と5回目は切迫流産でした。流産が続いたため不育症の検査を受けたところ不育症と判明。
(血液凝固因子)
当院では、その頃はまだ不妊整体を始めていなかったため、身体の調子を整えるだけの施術をしていましたが、自分の不妊治療の経験とこのような方々を何とかしたいという気持ちで不妊整体を勉強してスタートしました。


★初見と分析★
元々両手の痛みとしびれ、肩こり、週1の頭痛があるほどなので身体全体がガチガチの状態で、体温も35度台のため体温を上げることに重点をおきました。
ただ、流産の掻把(ソウハ、かき出すこと)のときに子宮内膜を傷めてしまい、内膜が厚くならないことがよくあります。
この方の場合も、不妊整体は開始しましたが、流産後の移植は内膜が厚くならずに6回(6ヶ月)は延期になりました。


★施術内容★
硬くなった全身の筋肉を緩めていくことと内臓調整で代謝を上げ、体温を上げていく施術を繰り返しました。
また、体を温めるための生活習慣指導となわとびなどの運動指導もし、最初の6ヶ月は内膜が厚くならなかったので移植はできませんでしたが、数ヶ月で低温期の基礎体温が35.8度から36.1度へ上昇しました。
この頃からホルモンの流れを良くするために頭蓋調整も追加。
その頃から内膜が厚くなりはじめ、その後の2回は移植がうまくいかず、2回はまた内膜が厚くならず、その次の移植で妊娠反応が出ました。

妊娠直後から不育症の治療のため抗凝固薬であるヘパリンの注射を1週間入院して行い、出産まで自己注射を1日2回。
その甲斐あって、1月に妊娠判定があって、8月に無事女の子を出産されました。


★評価・コメント★
流産の確率が15%、それを繰り返す場合に不育症と診断される場合は5%ほどあると言われています。出産前に死産になって不育症が分かった方もおられますから、習慣流産(3回以上自然流産)の場合はしっかり調べておいた方がいいと思います。
また、流産の処置の時に子宮内を傷つけてしまって内膜が厚くならなくなることもよくあります。しばらくは心も体も休めてあげることが必要です。

№1591■42歳で待望の妊娠(42歳 女性 会社員)

★来院時の症状★
当院の不妊整体で妊娠されたお友達の紹介で来院。
結婚して11年、不妊治療を始めて2年。
産婦人科で医学的な問題はないといわれているが、タイミング療法、人工授精でも妊娠に至らず、現在は体外受精で治療中。
採卵できる卵の数が少ないため、顕微授精のための採卵頻度が多くなっている。
現在は凍結卵が2個残っている状態。
体調的には少し肩こりがある程度。

★施術後の様子★
7回目の施術後に受精卵を2個移植。
9回目の施術後に採卵、その後受精卵を2個移植。
15回目の施術後に採卵、その後受精卵を移植。
24回目の施術後に受精卵を移植。
27回目の施術後に妊娠反応あり。
現在は無事出産されて育児奮闘中。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
自覚症状は軽い肩こりのみ。
非常に明るい方で身体的にも特別な問題が無いため、全身の血流を上げることに重点をおく。

【施術内容】
★1~7回目:
全身の筋肉の緊張をとっていく。
胃、腸、子宮にかけての内臓調整を実施。
2日後に受精卵を2個移植(結果は×)

★9回目:
全身の筋肉の緊張をとっていく。
胃、腸、子宮とホルモン系の内臓調整を実施。
その後に採卵、受精卵を2個移植(結果は×)
今回の採卵では薬なしで卵胞が10個は見えたとの事。

★15回目:
筋肉を緩めた後、内臓調整(胃、腸、子宮、ホルモン系、免疫系)を実施。
体を温め、リラックスしてもらうために毎日やって欲しい事を説明。
6日後に採卵、6個中4個凍結保存。
今回は内膜が厚くならなかったため移植は次の周期で実施予定。

★24回目:
明日移植予定の為、今回は骨盤周りの血流アップに重点を置く。
内臓調整(胃、腸、子宮)も実施。
前回内膜が厚くならなかったため、今回は薬を使わず自然サイクルで移植予定。

★27回目:
今朝出血があったとの事、「もう生理が来てしまった」と言われたが着床時出血の可能性が高いため、全身の軽いケアにとどめる。
4日後、病院にて妊娠判定、2週間後胎動確認。

【評価・コメント】
年齢的なものはやはり妊娠に大きく影響すると思います。でも不可能では無い事を証明して頂きました。他の不妊整体を受けられているみなさんも励みになると思います。
先日、元気な赤ちゃんの写真を送っていただきました。
いつも明るく接して頂いていましたが何年もの不妊治療は大きなストレスだったと思います。
当院でも1年かかりましたが、本当によかったですね。

<喜びのコメント>
「先生ご自身も不妊治療をされていて、同じ病院にかかっていたので、いろんな相談をさせて頂き励みになりました。経験者じゃないとわからない苦しみもわかってくださり、安心して施術を受けることができました。」

№1736■卵巣機能が低い不妊(40歳 女性 主婦)

★来院時の症状★
結婚して6年、不妊治療を始めて2年。
産婦人科でタイミング療法数回、人工授精5回を試みるが妊娠に至らず。
不妊専門病院で体外受精を一度したが妊娠には至らず。
生理不順、病院では卵巣機能が低いと言われている。
体調的には常に肩こり。

★施術後の様子★
3回目の施術後に病院で体外受精のための採卵を実施。
4回目の施術後に病院で受精卵を移植。
6回目の施術後に妊娠反応あり。
現在は安定期に入るまで経過観察中。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
自覚症状は首肩こりしかないが、全身の筋肉が緊張状態。
そのためか腹圧も高く、胃、腸、子宮も固い。
不妊治療のストレスも強くメンタル面でもケアが必要。

【施術内容】

★1回目:
全身の筋肉の緊張をとっていく。
腰のインナーマッスルを緩め、生殖系のポイントを刺激。
胃、腸、子宮にかけての内臓調整も実施。
不妊ケアのために「毎日続けて欲しい事」の説明。

★2回目(8日後):
首は大分楽になった様子。
前回と同じように全身を施術し内臓調整(胃、腸、子宮)を行う。

★3回目(6日後):
首肩こりはほとんど気にならなくなったとの事。
施術内容は前回とほぼ同じ。
内臓調整(胃、腸、子宮)を行った後、ストレス対応のためにフェイシャルケアも実施。

★4回目(14日後):
2日前に病院で体外受精のために採卵。
施術内容は前回とほぼ同じ。
内臓調整(胃、腸、子宮)も実施。

★5回目(3日後):
病院では卵は10個とれて2個受精。本日1個を移植し、残りを凍結保存(判定は2週間後)
施術内容は前回とほぼ同じ。
内臓調整(胃、腸、子宮)も実施。

途中経過省略

★判定日に妊娠反応あり。現在は安定期に入るまでの経過観察中。

【評価・コメント】
卵が10個とれて、その内受精卵になったのが2個という割合はやはり卵の質が良くないと考えるべきだと思います。
それに加えて不妊治療自体のストレスや自分では感じていない体の不調、年齢的な生殖機能の衰え。
今回は体調の改善と卵の質を上げることに重点をおきました。
「妊娠反応が出ました」、不妊整体をやっていて、この瞬間が一番うれしいですね。

№0339■体質改善で自然妊娠(29歳 女性 公務員)

★来院時の症状★
夕方頃には首肩こりで悩まされ、頭痛も月に数回出ているようです。
下痢と便秘にもなりやすいです。
結婚して1年が過ぎましたが、子供をなかなか授かることができず、
まずは体質改善のつもりで来院されました。

★施術後の様子★
2回目の施術後からは首肩もだいぶ楽になり、頭痛も出なくなった。
仕事が忙しい時は首肩がコリ頭痛も出ることがあるが、体全体はすごく調子がいい」との事。
7回目の施術後に妊娠が判明したため、安定期に入るまでは施術中止。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
全身の筋肉の緊張が強く、特に首肩に強いハリがある。
月に数回ある頭痛も首のハリによる緊張性頭痛だと思われる。
また、下痢、便秘、不妊の改善のためにも、全身の血行促進が必要。

【施術内容】

★1回目:
ふくらはぎから首まで全身の筋肉の緊張をとっていく。
鎖骨や胸の前の筋肉を緩める施術をし、首のエクササイズや姿勢指導も行った。
施術後、体全体が軽くなった様子。

★2回目(6日後):
首肩こりは少し戻ってきた。頭痛も今日は出ている。
前回と同じように全身を施術。首の筋肉のストレッチも説明する。
★3回目(7日後):
首肩こり、頭痛共に良好。
施術内容は前回と同じ。

★4回目(8日後):
前回施術後から頭痛はなし。首肩こりも良好。
施術内容は前回と同じ。
焼肉を食べてお腹をこわしているということなので、施術は少し刺激を弱めにする。

★5回目(9日後):
採点などで忙しかったため、首肩こり、頭痛共にあり。
全身ケアの施術でリラックスできるように心掛ける。

途中経過省略

★7回目の施術後に妊娠が判明したため安定期に入るまでは施術中止

【評価・コメント】
施術による体質改善と不妊に関するメンタルケアの両方が功を奏したと思います。
以下は喜びのコメントです。

「子供をなかなか授かることができず悩んでいた時、”まずは体質を改善してみたら?”と知人に勧められて、通院を始めました。肩凝りや頭痛が少しでも改善されれば・・・と思い、週に一度、1ヶ月程施術を受けると、徐々に体調が良くなり、肩まわりが日に日に楽になっていくのを感じました。
また、同じ不妊で悩んだ経験を持つ院長が、施術中に話を聞いてくださったり、アドバイスをしてくださり、体と一緒に”心”も解してくださいました。
体と心が軽くなったことがきっかけで、現在妊娠6ヶ月です。
元気な赤ちゃんを出産できるよう、しっかり体調を整えていきたいと思います。
本当にありがとうございました。」

№1442■不妊整体と鍼治療の併用(36歳 女性 主婦)

★来院時の症状★
肩こりは常にあり夕方頃にはひどくなる。
産婦人科で不妊治療を始めて3ヶ月になる。
医学的な問題はないため、タイミング療法と人工授精を試みるが妊娠に至らず。
妊娠しやすいような体質に改善する目的で来院されました。

★施術後の様子★
2回目の施術後からは肩こりはほとんど改善。
4回目の施術後に2回目の人工授精をするが妊娠に至らず。
7回目の施術後に妊娠が判明したため、安定期に入るまでは施術中止。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】

首肩に強いハリがあるがつらい感はあまりないとの事。
肩の丸まりがひどいため、胸から肩周りの筋肉の緊張緩和が必要。

【施術内容】

★1回目:
鎖骨や胸の前の筋肉を緩める事を重点に全身の筋肉の緊張をとっていく。
首のエクササイズや姿勢指導も行う。
施術後、体全体がすごく楽になったとの事。

★2回目(3日後):
今日になって首肩こりは少し戻ってきた。
前回と同じように全身を施術。

★3回目(4日後):
首肩こりは大分楽になったとの事。
施術内容は前回と同じ。

★4回目(10日後):
先週風邪をひいていたため首肩は重い。
施術内容は前回と同じ。胸の背骨の調整も実施。

★5回目(10日後):
首肩こりはほとんど出ていない。
施術内容は前回と同じ。
1週間前に人工授精を行ったとの事(結果はだめでした)

途中経過省略

★7回目の施術後に妊娠が判明したため安定期に入るまでは施術中止。

【評価・コメント】

産婦人科での検査では、ご夫婦ともに医学的な問題は無く、タイミング療法や人工授精で治療されていましたが妊娠に至っていませんでした。
こちらからは施術による体質改善と共に、不妊専門病院での次の段階の治療をすすめていましたが、そこでの検査が始まる前に自然妊娠されました。
鍼灸院で鍼も試されていましたので、当院でのケアとどちらが功を奏したかは分かりませんが、体の血行促進をして自律神経のバランスをとり、ストレスも少なくしていくことが大切だと思います。

№1616■強いストレスによる不妊(36歳 女性 会社員)

★来院時の症状★
お仕事はデスクワークで左側の肩甲骨から腕にかけてがこりやすい。
結婚して3年、1年前から不妊専門病院で不妊治療を始めた。
いままでに人工授精数回、体外受精(顕微)1回、受精卵の移植1回を試みるが妊娠に至らず。
お友達のご紹介で妊娠しやすいような体質に改善するため来院されました。

★施術後の様子★
1回目の施術後に不妊専門病院で受精卵の移植を二段階で実施。
2回目の施術後から左肩から腕にかけてのこりは気にならない程度に改善。
3回目の施術後に妊娠反応あり。
現在は妊娠5ヶ月でマタニティ整体でメンテナンス中。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
首肩、特に左の肩甲骨から肩にかけてのハリが強い。
右の股関節と内転筋のハリが強く少し痛みが出ている。
上記以外の筋肉のハリも強く、冷え症や便秘もある事から体全体の体質改善が必要。

【施術内容】

★1回目:
左の肩甲骨から首肩を重点に全身の筋肉の緊張をとっていく。
右腰のインナーマッスルを緩め、首のエクササイズや姿勢指導も行う。
胃から子宮にかけての内臓調整も実施。

★2回目(6日後):
左の肩甲骨から腕にかけては大分楽になった様子。
右の股関節回りの痛みはあり。
前回と同じように全身を施術し内臓調整(子宮)を行う。
不妊専門病院で2日前と4日前に受精卵の移植を2段階で実施済み。

★3回目(7日後):
左の肩甲骨から腕にかけての痛みはほとんど気にならなくなったとの事。
施術内容は前回とほぼ同じ。
内臓調整(肝臓から子宮)を行った後、ストレス対応のためにフェイシャルケアも実施。

★4回目の施術前に妊娠反応があった旨の連絡があり、出血もあったため4回目の施術は無しにして安静を指示。
現在は妊娠5ヶ月でマタニティ整体でメンテナンス中。

【評価・コメント】
元々体がガチガチなことに加えて、隣県にまで通勤されているため多くのストレスを抱えておられました。
睡眠不足、仕事のストレス、不妊のストレス、不妊治療のストレスなどがまた身体を緊張させて悪循環になっており、心身共に状況改善させる必要がありましたが、「仕事を変えたほうがいいですよ」というアドバイスで決断されたと同時に妊娠されました。人生の中で今一番何が大切かを考えることも必要です。

№1660■流産後の生理不順(31歳 女性 会社員)

★来院時の症状★
一日中デスクワークのため、肩は常に凝っている状態。
仕事上のストレスも多く特に夕方はひどくなる。
結婚して半年、3か月前に初めて妊娠したが流産。その後から生理周期が乱れ不順になる。
肩こりの改善と共に生理不順をを改善して妊娠したいということで来院された。

★施術後の様子★
1回目の施術後に肩こりは大分楽になった。
2回目の施術後からはよく眠れるようになってきた。
3回目の施術後に妊娠反応あり。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】

体全体の筋肉が張っており、特に首と肩は強い。
生理不順、冷え症もあり、体がだるく疲れも取れないということなので、筋肉の緩和と共に内臓調整も必要と思われる。

【施術内容】

★1回目:
首肩を重点に全身の筋肉の緊張をとっていく。
肝臓から子宮まで内臓調整も実施。
初診日が排卵直前ということなので、タイミング等の説明も行う。

★2回目(4日後):
肩こりは残っているが、だいぶ楽になった様子。
前回と同じように全身を施術し内臓調整(全般)を行う。

★3回目(8日後):
肩こりはこの1週間で数日気になったとの事。
最近はよく眠れるようになった。
排卵後数日たったと思われる(高温期に入ったが、上がり方がゆるやか)
施術内容は前回とほぼ同じ。

★4回目(8日後):
自己検査で妊娠反応があった。4日後に産婦人科の健診を受ける予定。
今回はリラックスできるように全身ケアを実施。

【評価・コメント】
まずは肩こりなどの体調の改善、それと同時に生理不順などの生殖系の問題の改善。
そして仕事のストレスなどに対するカウンセリング。
これらがうまくかみ合って妊娠できたと思います。

<マタニティ>

№2231■お尻が痛くて歩けない(39歳 女性 保育士)

★来院時の症状★
妊娠9か月(33週)で来院。経産婦(上の子は4歳)。
仕事はハードだが、元々腰痛や肩こりは感じない。
妊娠8ヶ月後半からお尻まわりに違和感が出ていたが、
1週間前に正座をしていて立ったら痛みが出て歩けなかった。
今日は少しましになっている。
背中も少し痛い、尿漏れ少々。
仕事は1週間休んでいる。
お腹のハリは無し。


★初見と分析★
お尻から腰回り、背中から首肩の筋肉がガチガチの状態で硬くなっていました。
妊婦さんの殿部痛は妊娠中期以降の典型的な症状です。
この方の場合は、仕事はハードなんですが、痛みに強いタイプなのでひどくならないと症状が出ないようです。
全身ガチガチ状態なので殿部を重点的に、全身施術で症状をとっていきます。


★施術内容★
基本の施術は全身ですが、腰とお尻まわりに症状が強いので、殿部周辺の硬くなった筋肉をしっかりと緩めることを続けました。
初回の施術後には全身が軽くなり、出ていた症状が全てなくなりました。
2回目の来院時は歩く時に少し腰回りが痛い程度で、肩こりについては逆に感じるようになってきたようです。
2回目の施術の翌日から1週間仕事をされましたが、症状はほとんど出なかったようです。
3回目の施術時が34週だったので、施術後に産後の注意点を説明して、マタニティ整体は終了にしました。
11月中旬に来院され1月上旬に元気な女の子を出産されました。


★評価・コメント★
妊婦さんの殿部痛は妊娠中期以降ではよくある症状ですが、痛くて歩けなくなって来られる方もおられます。
「妊婦だからしょうがない」ではなくて、快適なマタニティライフを送る為にも、早めの対処が必要です。

№2223■頭痛、立ちくらみ、めまい(36歳 女性 看護師)

★来院時の症状★
妊娠5ヶ月(17週)で来院。初産。
2週間前から立ちくらみ、めまいがあり頭痛も出ている。
元々少し腰痛はあったが、首肩こりや頭痛、めまい、立ちくらみは感じたことがない。
めまい止めの薬を処方されて飲んでいるが症状が続いている。
頭痛は週に2、3回、首を動かすと立ちくらみやめまいが出る。
吐き気は無し、貧血もなし。
子宮筋腫の手術歴あり(その関係で帝王切開の予定)
お腹のハリは無し。


★初見と分析★
背中から肩、特に首と顔の筋肉が緊張して硬くなっておりこれが頭痛、立ちくらみ、目まいの症状を出していると思われます。
妊娠すると筋肉に負担がかかりやすく硬くなりやすいのと、心身共に色々なストレスも多いので、それも筋肉を緊張させます。
この方の場合は顔や顎まわりの筋肉も相当硬くなっていて寝ている間の歯軋りも予想されます。
緊張して硬くなっている首肩、顎まわりの筋肉が緩めば症状は軽減すると思いますから、その部分を重点的に施術していきました。


★施術内容★
背中から上の筋肉を重点的に緩め、首と顔の筋肉をフェイシャルケアで施術しました。
施術後からは全ての症状が全くなくなって感動しておられました。
その後も同じ施術を続けましたが、立ちくらみが1日だけあったのと軽い頭痛が時々出ること以外は快適に過ごされています。
妊娠7ヶ月になって時々恥骨痛がありましたが、日常生活には支障がなく7ヶ月(25週)には旅行にも行かれました。
その後切迫早産と診断され、妊娠30週で早期出産(1700g)。
NICU(新生児集中治療室)に入っていますが順調に育っています。


★評価・コメント★
頭痛の7割以上は緊張性頭痛なので、首肩コリがひどくなって症状が出ることが多いです。その時に頭痛だけでなく、吐き気、耳鳴り、めまい等が出る方もあります。
ゆっくりお風呂に入って、ストレスも発散しながら快適なマタニティライフを送れるように心掛けましょう。

№2168■妊娠4ヶ月でお尻と足が痛い(29歳 女性 会社員)

★来院時の症状★
妊娠4か月(14週)で来院。初産。
仕事はアパレル系で立ち仕事とデスクワークの両方忙しい。
2週間前から歩く時に左のお尻に違和感を感じ始めた。
1週間くらい前からは歩くと痛い。
2、3日前からはお尻だけではなく足の外側にも痛みが出てきた。
首肩こりは常にあり。ぎっくり腰も1度経験あり。
お腹のハリは無し。


★初見と分析★
妊娠してからは座り時間の方が長いので、お尻と腰回りの筋肉(左右共)が緊張して硬くなっていて、それが腰、お尻、足の症状を出していると思われます。
お尻の筋肉が一番硬くなっていたのでそこを重点的に緩めて、その後全身施術で上半身の症状をとっていきました。


★施術内容★
殿部と腰の筋肉をしっかりと緩めることを続けました。
初回の施術後、足の痛みは出なくなり殿部の症状も軽くなりました。
2回目の施術以降は仕事が忙しい時に症状は出ますが日常生活に支障はなくなりました。
妊娠5ヶ月になってからは左の股関節に違和感や痛みが出はじめましたが、股関節回りの筋肉を緩めることで改善、妊娠7か月の頃には殿部まわりの症状はなくなりました。
妊娠7か月(27週)には旅行に行けるまでに改善、35週時点の施術で産後の注意点を説明してマタニティ整体は終了しました。


★評価・コメント★
妊娠4ヶ月(14週)でしたが日常生活に支障をきたしていたのと、つわりも終わっており、お腹のハリもなかったのでご予約を受けました。
お腹のハリがなければ、座ったままよりはしっかり動いている方が筋肉が使われて硬くなりにくく症状は出にくいです。
また、年中シャワーだけの生活だったので湯船に入って体を温めることも指導しました。

№2090■背中のコリがつらい(31歳 女性 自営)

★来院時の症状★
妊娠7か月(25週)で来院。経産婦(上の子は6歳)。
仕事中はずっと座っているため、最近は右の背中のコリがつらい。
首肩こりは常にあり。時々頭痛、腰の痛みがあり。
お腹のハリは無し。


★初見と分析★
座っている時に背中が丸まって猫背っぽい姿勢になっていました。
首肩から腰にかけての筋肉が緊張して硬くなっていましたが、背中が丸まるあたりの筋肉が一番硬くなっていました。
背中と後頭骨の付け根を重点的に、全身施術で症状をとっていきます。


★施術内容★
基本の施術は全身です。
背中の硬くなった筋肉と首肩をしっかりと緩めることを続けました。
初回の施術以後数日は右背中、首肩こり、腰痛、頭痛の症状は軽くなり、その後少し戻ってきました。
2回目の来院時には顎のだるさが少しあったので、顎の筋肉を緩めるための矯正を行いました。
2回目の施術後は症状はほとんど出ていません。
5回目の来院時(31週)に尿漏れを少し感じ始めたということだったので、改善の為のトレーニングを指導しました。
2月中旬に来院され5月上旬に元気な男の子を出産されました。


★評価・コメント★
生活習慣が姿勢に悪かったり、疲労をためやすいパターンが多かったため良い姿勢を長持ちさせるコツとか悪い生活習慣の改善指導をしました。
また、シャワーだけのことが多かったため、特に寒い時期はゆっくり湯船に入って体を温めることを実践してもらいました。

№2078■肩こり、頭痛でも薬が飲めない(41歳 女性 主婦)

★来院時の症状★
妊娠5ヶ月(18週)で来院。経産婦(上の子は14歳)
元々肩こりと頭痛持ちだが妊娠してからは薬が飲めないのでつらい。
耳もつまった感じがして耳鳴りがする。
首肩こりは特に右の方がつらく、夜は右を向いて寝れない。
頭痛は毎日あり。
お腹のハリは無し。


★初見と分析★
上半身(背中から首にかけて)の筋肉が硬く固まっておりこれが全ての症状の原因だと思われます。
妊娠すると骨格が緩んで筋肉に負担がかかりやすくなりますからそれがより症状をひどくして、妊娠中で頭痛薬も飲めないので我慢できなくなったんだと思います。
緊張して硬くなっている上半身の筋肉と首の上部筋が緩めば症状は軽減すると思いますから、その部分を重点的に施術してその後全身施術で体全体のだるさをとっていきます。


★施術内容★
腰から上の筋肉を重点的に緩め、特に首の上部筋をしっかりと施術しました。
その後、殿部の筋肉をしっかりと緩めることを続けました。
初回の施術後、首肩こり、頭痛、耳鳴りは無くなりましたが、翌日の夕方から右の肩こりと頭痛が戻ってきました。
耳鳴りは良好です。
2回目は顔全体の筋肉を緩めるフェイシャルケアも加えました。
2回目の施術以降1ヶ月は1日だけ頭痛、首肩こり、耳鳴りの症状が出ましたが、その日以外はほとんど良好に過ごせていました。
妊娠7ヶ月を超えた頃からは2週間おきくらいでメンテナンスしていましたがお腹も大きくなってきて、時々それぞれの症状が出ていました。
妊娠8ヶ月に入ると恥骨痛が出てきたり、妊娠糖尿病の診断をされたり、元々高血圧なのも含めて少し今までの症状が強く出るようになってきました。
ただ、2週間に1回くらいの施術で過ごせるようなのでそのサイクルでメンテナンスを続けました。
1月に妊娠5ヶ月で来院され、6月に元気な女の子を無事出産されました。

★評価・コメント★
よく「私は頭痛持ちで・・・」と言われる方がありますが、頭痛の7割以上は緊張性頭痛なので、首肩コリがひどくなって症状が出ることが多いです。ということは、首肩こりが少なくなれば頭痛は出ないということですから、その対策をしましょう。
頭痛薬に頼っているのは、その場しのぎの対処療法ですから根本解決にはなりませんよ。
この方の場合は妊娠出産には高齢だったのと高血圧だったこともあって早めに妊婦さん特有のいろいろな症状も現れ、妊娠後期には妊娠糖尿病の診断も受けました。
無事に生まれて本当によかったです。

№1227■妊娠6ヶ月からの恥骨痛(39歳 女性 保育士)

★来院時の症状★
妊娠7か月(24週)で来院。経産婦(上の子は2歳)
仕事柄20代から慢性的な腰痛があり、ぎっくり腰も何度か経験。
妊娠3ヶ月頃からお尻まわりが痛くなり、6ヶ月から恥骨痛が出てきた。
最近は歩くたびに恥骨が痛み、夜は痛みで寝返りができない。
お腹のハリは無し。


★初見と分析★
殿部、腰回り、背中、首肩が特に緊張して硬くなっていました。
恥骨痛は骨盤の関節の動きが悪くなって恥骨周辺に負担がかかって出ることが多い症状です。
妊婦さんの場合は妊娠後期に症状が出る方がありますが、この方の場合は、仕事柄子供さんを抱えたり中腰になることも多いので早めに出てきたのだと思います。
お尻から内ももの筋肉の緩和を重点に全身を緩めて症状をとっていきます。


★施術内容★
基本の施術は全身ですが、恥骨痛で夜も眠れない状態なので、殿部と内ももの硬くなった筋肉をしっかりと緩めることを続けました。
初回の施術後からは歩く時の恥骨痛は無くなり、寝返りは痛いが朝型は少しましになってきました。
2回目の施術時に恥骨周りのストレッチも指導。
3回目の施術後から寝返り時の恥骨痛も少しましになりましたが、お腹のハリが出てきて産婦人科でハリ止め(ウテメリン)を処方されています。
6回目の施術後からは恥骨の痛みはほとんどなくなりました(28週)。
8月に来院され11月中旬に元気な男の子を出産されました。


★評価・コメント★
妊婦さんの恥骨痛は妊娠後期(8、9ヶ月頃)に多いですが、ハードなお仕事をされている方や高齢出産の方などでは早期に出る場合もあります。
当院に来られてから寝返りができるようになって旦那さんに感謝されました。
旦那さん:「一緒に寝ていると横で「あ~、う~」と痛がっているので、一人グッスリ眠ると怒られそうで怖い」と言っておられました。

№0845■妊婦さんの肩こりと頭痛(36歳 初産 会社員)

★来院時の症状★
学生の頃から肩こりで、妊娠してからはひどくなり、頭痛も月に数回出るようになった。
肩甲骨から首にかけてが特につらく、他のカイロ院に通っていましたが改善しないので来院。

★施術後の様子★
初回の施術後から首肩こりはすごく楽になり、頭痛も4回目の施術後からはなくなりました。
「体調はすごく調子がよく、良く眠れるようになった」とのコメントをいただきました。
妊娠後期(28週)ぐらいから腰痛が出てきたため、それについてもケアしながら34週に入った時点の施術で、産後の注意点を説明してマタニティ整体は終了。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
首肩、背中、腰、殿部の筋肉に張りが強く全身のケアが必要。
ストレスも多いようで、背中から上の筋肉をより緊張させていると思われる。
筋肉の緩和とメンタルケアも考慮して施術に当る。

【施術内容】

★1回目(24週):
お腹の張りは無し。
背中から首肩を中心に全身の筋肉の緊張をとっていく。
自覚症状はないが殿部にも強い張りがあるため、じっくりと緩める。
肩の丸まりも強いため、胸の前の筋肉も緩めていく。
不妊治療もされてきて流産の経験もあるため、慎重且つ心のケアもできるように私自身の不妊治療経験もお話しながら施術に当る。

★2回目(4日後):
お腹の張りは無し。
首肩こりはすごく楽になったとの事。施術後は夜もぐっすり眠れた。
前回と同じように背中から首肩を中心に全身を施術。
首のモビリゼーションも追加施術。

★3回目(4日後):
お腹の張りは無し。
昨日、肩甲骨辺りに少し痛みが出た。
頭痛は初回の施術以降は出ていない。
施術内容は前回と同じ。
肩こり体操として肩甲骨のエクササイズを説明。

★4回目(4日後):
お腹の張りは無し。
首肩こりは少しだけあり。昨日が忙しかったので久しぶりに頭痛が出た様子。
施術内容は前回と同じ。

★5回目(3日後):
お腹の張りは無し。
昨日から首のこりを少し感じる。前回の施術以降は頭痛は出ていない。
職場でだいぶストレスを感じるということなので、ストレス解消法などを説明する。
施術内容は前回と同じ。

★6回目(7日後):
お腹の張りは無し。
首肩のこりは来院時と比較するとすごく楽になった様子だが、人間関係からのストレスを受けやすいためこりが少し出てくる。
再度、姿勢改善と肩こり体操、ストレスコントロール法について説明する。
お腹もだいぶ大きくなって少し腰痛が出てきたため、腰と殿部のケアを重点的に実施。

途中経過省略

★10回目(35週):
お腹の張りは無し。首肩こりは少しだけあり。腰痛も少しだけあり。
全身ケアのメンテナンス施術。
産後の注意点と産後のケアについて説明しマタニティ整体は終了。

【評価・コメント】
ストレスから自律神経系が乱れて筋肉が緊張して体調が悪くなることは多々あります。
特にストレスを受けやすい方は、ちょっとした事でもそれが顕著に現れます。
今回は不妊治療時の周りの心無い言葉、妊娠してからのホルモンバランスの変化、職場や家族間のストレスなど自律神経が乱れやすい環境だったかもしれません。
当院ではそのストレスを忘れて、十分にリラックスできるように配慮しております。

№0895■妊婦さんの殿部痛と肩こり(30歳 初産 助産師)

★来院時の症状★
妊娠3ヶ月頃から右後ろの骨盤が痛くなってきたが、5ヶ月過ぎからは起き上がりが辛い。
足のむくみがひどく、ふくらはぎもよくつる。
肩こりは以前からあるが、最近は特にひどく時々頭痛が出る。
仕事がハードで歯を食いしばることも多く、助産師なので自分で何とかしようとしたがどうしようもなくて来院されました。

★施術後の様子★
初回の施術以降、殿部の痛みは徐々に改善し、5回目の施術後はほとんど感じなくなった。
仕事が忙しいので肩こりは続いているが、つらい感じはなくなったとの事。
35週に入った時点の施術で、産後の注意点を説明してマタニティ整体は終了。
元気な赤ちゃんを期待しています。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
首、肩、起立筋(背中)、殿部の筋肉の緊張が強く、特に首と右殿部に強いハリがある。
殿部痛はこの右殿部の筋肉の硬結にあると思われるため、マタニティ整体の施術で殿部、腰、背中、首肩を重点的に緩めていく。

【施術内容】

★1回目(24週):
お腹の張りは無し。
殿部、腰、起立筋(背中)、首肩から肩甲骨にかけて筋肉の緊張をとっていく。
右の殿部は非常に強い張りがあったため、強さを確認しながらじっくりと緩める。
肩の丸まりもひどいため、胸の前の筋肉を緩めることと股関節周りの施術も同時に行う。
施術後、「全身はだいぶ楽になった」との事。

★2回目(4日後):
お腹の張りは無し。
右殿部の痛みは少し和らいだ様子(痛み自体は少し残っている)
肩はこっている(前回よりは和らいでいる)
前回と同じように殿部を中心に上半身を施術。
首はモビリゼーションで別途緩める。

★3回目(11日後):
お腹の張りは無し。
仕事がすごく忙しかったのと前回の施術から少し空いたので右殿部痛が再発。
肩もこっている。施術内容は前回と同じ。

★4回目(7日後):
お腹の張りは無し。
右殿部痛は前回施術後からだいぶ楽になったが、長時間勤務のときに痛くなる。
肩こりはあるが楽にはなってきた。施術内容は前回と同じ。

★5回目(7日後、28週):
お腹の張りは無し。右殿部痛は少し感じるだけでほとんど良好。
肩こりも以前よりはすごく楽との事。
全身ケアのメンテナンス施術に変更。

途中経過省略

★12回目(35週):
お腹の張りは無し。右殿部痛は良好。
肩こりもあるが、以前よりはすごく楽との事。
子供がだいぶ下がってきたため、膀胱に不快感あり。
全身ケアのメンテナンス施術。
産後の注意点と産後のケアについて説明しマタニティ整体は終了。

【評価・コメント】
妊婦さんはホルモンの関係で靭帯とかが緩みやすくなる事に加えて、お腹が大きくなって重量的な負担もかかってくるため、筋肉が硬くなりやすいです。
特に腰から殿部にかけては最も負担がかかるため、痛みやつらさを訴える方が多いです。
今回はそれに加えて仕事がハードなのが一番の原因ですが、忙しくて夜は年中シャワーのため、筋肉が緩みにくい生活習慣になっていました。
週末だけでもゆっくりと湯船に入ると体のほぐれ方には格段の違いがあります。

※助産師さんなので妊婦さんで腰痛、肩こり、殿部痛で相談を受けたときはどうされているのですか?と聞いたところ、「妊婦だからしょうがないですね」と答えていると言われました。
自分が通ったので良くなると分かっていても、立場上は言えないとの事でしたね。

№0922■妊婦さんの腰痛と殿部痛(27歳 初産 看護師)

★来院時の症状★
もともと腰痛持ちで妊娠後はひどくなり骨盤ベルトを着用し軽減していた。
1週間ほど前から左の痛みがひどくなり、2日前からはさらに悪化。
昨日は何とか出勤できたが、痛くてほとんど動けないので座り仕事をした。
今朝は少し歩くのもしんどい状態でお母さんと共に来院されました。

★施術後の様子★
3回目の施術以降、腰痛と左殿部の痛みはつらい感じはなくなったとの事。
忙しいときには少し痛みが出るがほとんど支障なし。
35週に入った時点の施術で、産後の注意点を説明してマタニティ整体は終了。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
殿部の筋肉の緊張が強く、特に左殿部に強いハリがある。
左殿部と仙腸関節(骨盤のお尻側)に痛みを感じているため殿部、腰を重点的に緩めていく。
昨夜痛みが増してきて、今朝は動けないということだったので、仙腸関節に炎症を起こしている可能性も考慮し慎重に施術。

【施術内容】

★1回目(26週):
お腹の張りは無し。
殿部、腰、起立筋(背中)の緊張をとっていく。
左殿部は強い張りがあったため、じっくりと緩める。
妊婦さん向けの腰痛体操を説明。
施術後は歩いて帰れるようになった。

★2回目(2日後):
お腹の張りは無し。
左殿部の痛みは和らぎ昨日まで良好だったが、今朝痛みが出てまた普通に歩けない状態。
前回と同じように殿部を中心に施術。
骨盤ベルトはしているとだいぶ痛みが楽になるということのため、痛みがあるときは利用するように説明する。
術後は良好。

★3回目(5日後):
お腹の張りは無し。
左殿部痛と腰痛はだいぶ楽になり、朝だけ少し痛みがある様子。
骨盤ベルトははずしていても大丈夫だったのではずしたとの事。
施術内容は前回と同じ。

★4回目(5日後):
お腹の張りは無し。
左殿部痛は時々痛くなるぐらいで生活に支障はなくなってきた。
腰痛体操も気持ちよくできているとの事。
施術内容は前回と同じ。

途中経過省略

★7回目(35週):
お腹の張りは無し。左殿部痛は時々あり。
全身ケアのメンテナンス施術。
産後の注意点と産後のケアについて説明しマタニティ整体は終了。

【評価・コメント】
骨盤ベルトは骨盤周りを圧迫固定しますので、つけないときに比べると周辺の血行不良をまねきやすいです。何もなければつけない方をお勧めします。
骨盤ベルトは腰痛、殿部痛、恥骨痛などが相当ひどくて、炎症を起こしていたり、少し動かすだけでも痛いような場合には、骨盤の可動を少なくして痛みをやわらげるので有効です。
ただ、ずっとつけておくのではなく、和らげばはずす、痛い時だけつけるなどの考慮が必要です。また、つけたからといって根本解決にはなっていませんので、逆に悪化させてしまう場合も多いです。
今回もよく名前を聞く骨盤ベルトでしたが、頼りすぎて悪化してしまった典型ですね。

№1514■歩けないほどの恥骨痛(40歳 初産 主婦)

★来院時の症状★
1ヶ月以上前から少し恥骨痛が出ていたが、産婦人科でも妊婦だからしょうがないと言われそのまま放置。
2週間前から恥骨に激痛が出てきて、ひどい時は歩けない。
歩く時と夜寝ている時の痛みがひどく、頻尿もあるため眠れない。
健診の時も歩けないため車いすを使っている。
産婦人科(総合病院)では入院をすすめられているが出来ればしたくない。

★施術後の様子★
初めて来られた時はお母様と一緒で杖をついて入ってこられました。
初回の施術後は杖なしで帰られましたが、その日の夜はやはり痛くなり眠れなかったようです。
施術の度に恥骨痛は改善していっており、2回目以降は買物にも一人で行けるようになり、4回目の施術後は夜の痛みも少しましになってきました。
9回目の施術後は痛みはあるが夜の激痛は無くなってきて生活上の支障はなくなった。
後期に足のむくみがひどくなってきたが、その度の施術で改善。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】

杖をつかないと歩けないほど恥骨に痛みが出ている。
背中、腰、殿部の筋肉の張りが強く、特に殿部はカチカチの状態。
まだ妊娠6ヶ月で恥骨痛がひどいため、殿部の筋肉が固くなり仙腸関節のバランスが崩れ恥骨に負担をかけていると推測される。
お風呂に入った後は恥骨痛が大分楽になる。

【施術内容】

★1回目(妊娠21週):
お腹の張りは無し。
施術ベッドに横になるのも激痛で介助しながらゆっくりと横になってもらう。
全身施術をするが、殿部の筋肉を重点的に慎重に丁寧に奥の方まで緩めていく。
腰から首肩にかけても筋肉の張りが強いためじっくりと緩める。
特に左側の股関節を動かすと恥骨痛がひどいため、恥骨周りの筋肉も緩める。
術後は少し動いても痛みが少なくなり、杖なしで歩いて帰る事が出来た。
湯船にもできるだけ浸かって筋肉を緩めてやるよう説明。

★2回目(2日後):
お腹の張りは少しあり。
初回の施術前よりは恥骨の痛みは大分楽との事。
当日も帰りは楽だったが、夜はいつものような痛みで眠れなかった。昨夜も同じ。
前回と同じように殿部と恥骨周りを中心に全身を施術。

★3回目(3日後):
お腹の張りは無し。
夜中の恥骨痛も少し楽になってきた。1時間くらいずつは眠れている。
昼間は買物にも行けるくらいで時々痛くなる。
産婦人科に健診に行ったら車椅子だった人が歩いているのでビックリされたとの事。
施術内容は前回と同じ。睡眠不足があるのでフェイシャルケアもいれて顔の疲れをとる。

★4回目(3日後):
お腹の張りは無し。
夜の恥骨痛は楽にはなっているが変わらず出ている。
施術内容は前回と同じ。
左の太ももと腰に痛みが出ていたため、対象の筋肉を重点施術。腰のエクササイズも説明。

★5回目(3日後):
お腹の張りは無し。
夜の恥骨痛は大分楽になってきた。
昼間も歩けるので昨日はちょっと歩き過ぎてお尻が痛い。
今朝から左の腰が痛くて靴下がはけない。
施術内容は前回と同じ。
骨盤周りの筋肉のストレッチとトレーニングを説明。
骨盤に負担がかからない夜の寝方を説明。

★6回目(3日後):
お腹の張りは無し。
夜の恥骨痛は少しずつ良くなっていっている。
骨盤周りのストレッチとトレーニングもしっかりできている。
施術内容は前回と同じ。

途中経過省略

★10回目(26週):
お腹の張りは少々。
夜の恥骨痛も大分ましになって、激痛は出なくなった。
今日は車を自分で運転して来院。車を運転しても支障がない程度になった。
施術内容は前回と同じ。

【評価・コメント】
妊娠中の恥骨痛は一般的にはお腹の負担が増した妊娠後期(8~9ヶ月)になって出ることが多いですが、看護師さんや保育士さんなどのハードな立ち仕事の方や、高齢出産の方、骨盤周りの筋肉の弱っている方などは早いうちから痛みが出ることがあります。
歩けないような痛みがあっても改善していきますので、安静にしておくとか骨盤ベルトで締めるとか、筋肉を怠けさせるようなことはできるだけやめていきましょう。

<産後>

№0845■産後の腰痛と肩こり(36歳 産後1.5ヶ月 主婦)

★来院時の症状★
マタニティ整体に引き続き、産後1.5ヶ月で来院。
起き上がり時の腰痛、殿部痛と首肩こりが少しある。
子供の体重は約3kg、妊娠中の体重増は+9㎏、ミルクは母乳と人工乳混合。

★施術後の様子★
3回目の施術後から急速に改善し、腰痛もだいぶ楽になり首肩こりも和らいだ。
子供を抱く回数が多いときは少し腰痛がでるが、腰のエクササイズ等のケアで問題なく過ごせている。体重は少し改善した。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
首肩、背中、腰、殿部の筋肉の張りが強く、特に首と殿部は硬い。
腰痛、肩こり共に自覚症状はそれほど強くないが、筋肉の緊張度からするとだいぶ負担がかかっている。

【施術内容】

★1回目:
首肩、腰、殿部を中心に全身の筋肉の緊張をとっていく。
産後の注意として授乳姿勢や腰痛体操も説明。

★2回目(6日後):
腰痛は昨日までは良かったが、今朝右腰がグキッとなったとの事。
前回と同じように腰、殿部を中心に全身の筋肉の緊張をとっていく。
術後にイスに座ると少し腰の痛みはあったがだいぶ楽になった様子。
ギックリ腰もほとんどが午前中に起こるため、生活上の注意点を説明。

★3回目(3日後):
昨日、腰は少し痛みがでた。首肩は少しこっている程度。
前回と同じように腰、殿部を中心に筋肉の緊張をとっていく。
股関節周りのストレッチも入れる。

★4回目(4日後):
腰はだいぶ楽になった。首肩は少しあり。
施術内容は前回と同じ。

★5回目(5日後):
腰の痛みは寝返りをするときに少しあるが、それ以外はほとんど大丈夫。
首肩こりは少々あり。施術内容は前回と同じ。
腰が良好な状態になってきたので、次回からメンテナンスケアに変更。

【評価・コメント】
産後数ヶ月は体のホルモンバランスがまだ戻っていない中で育児の負担がかかってくるため、腰痛、首肩こり、腱鞘炎などの方が多いです。
当院では負担のかかりにくい授乳姿勢や子供の抱き方も説明し、腰痛体操など育児でかかる負担を軽減させる生活習慣改善指導に定評があります。
また、産後の体重を戻すためには、硬くなってしまった筋肉を緩めて血行促進し代謝をあげることと、必要な筋肉を強化して基礎代謝を上げることが重要です。
カロリーの消費と摂取のバランスは言うまでもありません(代謝が落ちている分、普通に食べていると太りやすい時期です)

№1810■産後の腰痛と手のしびれ(38歳 産後4ヶ月 主婦)

★来院時の症状★
子供を抱き上げる時の腰痛(右)、授乳後の右手のしびれ。
ふくらはぎの張りも強い。
子供さんの体重は約7.5kg、妊娠中の体重増は+13㎏。

★施術後の様子★
腰痛は1回目の施術後からかなり改善し、手にしびれは3回目の施術後から和らいできた。
5回目の施術後からは手のしびれもなくなってきた。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
首、腰、太もも共に右側の筋肉の張りが強く、特に右の首の付け根が硬い。
授乳姿勢が悪いようなので、その負担が右側にかかっていると思われる。

【施術内容】

★1回目:
首肩、腰、殿部を中心に全身の筋肉の緊張をとっていく。
腰の奥の筋肉も調整。
授乳姿勢が悪いので楽にできる姿勢を説明。

★2回目(15日後):
腰痛はだいぶ楽になったとの事。
右手のしびれは変わらずあり(左も少し出ていたのはなくなった)
先週、左のふくらはぎに少し痛みが出た。
前回と同じように首肩、腰、殿部を中心に全身の筋肉の緊張をとっていく。
右腕の筋肉も調整。

★3回目(6日後):
腰の痛みはなくなった、右手のしびれは変わらずあり。
左のふくらはぎも痛みあり。
前回と同じように首肩、腰、殿部を中心に筋肉の緊張をとっていく。
右首のエクササイズを説明。

★4回目(7日後):
右手のしびれは朝のみで授乳後は出なくなった。
ふくらはぎの痛みもなし。
施術内容は前回と同じ。

★5回目(7日後):
腰の痛みは朝に少しあったがほとんど大丈夫。
右手のしびれは出ていない。施術内容は前回と同じ。
症状が良くなってきたので、次回からメンテナンスケアに変更。

【評価・コメント】
産後の方で良くない授乳姿勢が体に負担をかけて症状が出ることは多いです。
授乳は数時間置きに20~30分間じっとしていますから、育児の中では身体に一番負担がかかります。
当院では負担のかかりにくい授乳姿勢や子供の抱き方を説明して楽しく育児ができるお手伝いをしています。
産婦人科で言われたこととは違ったことを言うかもしれませんが納得して頂けると思います。

№2073■産後に腰回りが戻らない(33歳 産後2ヶ月 主婦)

★来院時の症状★
背中の筋肉に張りがあり、右膝が時々痛む。
産後に腰回りが太くなり戻らない。
子供さんの体重は約5kg、妊娠中の体重増は12~13㎏。
現時点で体重残は4㎏、妊娠前のズボンは入らない。
今回の出産は4人目。

★施術後の様子★
背中の張りは1回目で、右膝の痛みは2回目の施術後にほとんどなくなった。
4回目の施術後から体重が少しずつ減り始めた。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
全身の筋肉は少し張っているので、背中や膝の症状はそれから来ていると思われる。
まだ産後2ヶ月のため、体のホルモンバランスも戻っていないので、減ってしまった筋肉を増やしていくことで体の代謝を上げていく。

【施術内容】

★1回目:
首肩、背中、殿部を中心に全身の筋肉の緊張をとっていく。
右太ももの内側の筋肉も調整。
筋肉をつけていくために、骨盤底とウエストのエクササイズを説明。

★2回目(5日後):
右膝の痛みは時々出るが、背中の張りはだいぶ楽になったとの事。
施術内容は前回と同じ。

★3回目(3日後):
背中、右膝ともほとんど痛みはなくなったとの事。
施術内容は前回と同じ。
お尻、太ももの筋肉をつけていくためのエクササイズを説明。

★4回目(7日後):
背中、右膝ともほとんど痛みはなし。
施術内容は前回と同じ。

★5回目(6日後):
背中、右膝とも良好。
施術内容は前回と同じ。
前回の施術後から体重が減ってきたとの事。
順調に推移しているため、次回からメンテナンスケアに変更。

【評価・コメント】
産後に体重が戻り難い人は妊娠中に増えすぎた人、妊娠中に筋肉量が減りすぎた人、産後に食べ過ぎている人です。

妊娠中に筋肉量が20%は落ちるといわれていますから、産後は筋肉が少なくなって代謝が悪い状態です。それをしっかりと戻していくためにはやはり筋肉をつけていくことが一番の早道です。

体重だけが戻っても筋肉がついていないとお腹に肉が余っていたりします。一般的には1人目より2人目、2人目より3人目という感じで代謝が悪くなりますから、しっかりと筋肉をつけていくことは次の出産後にも好影響です。

№2095■産後の膝痛と体重が減らない(24歳 産後2ヶ月 会社員)

★来院時の症状★
立ち上がる時の膝痛、首肩こり、右手首の痛み、少し腰痛、尿漏れも少しあり。
産後に体重が減らない。
子供さんの体重は約5kg、妊娠中の体重増は10㎏。体重残は4~5㎏。

★施術後の様子★
手首、腰痛、尿漏れは1回目の施術後からかなり改善し、膝の痛みも3回目の施術後から徐々に改善してきた。
5回目の施術後から体重も少しずつ減り始めた。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
首から太ももまでの筋肉の張りが非常に強く、全身の症状はその影響だと思われる。
授乳姿勢もあまり良くないため、姿勢指導と共に減ってしまった筋肉を増やしていくことで体の代謝を上げていく。

【施術内容】

★1回目:
首肩、背中、膝回りを中心に全身の筋肉の緊張をとっていく。
尿漏れ対策と代謝アップのために、骨盤底とウエストのエクササイズを説明。
術後も膝と肩の痛みは残っていた。

★2回目(3日後):
膝と手首の痛みはだいぶ楽になったとの事。
施術内容は前回と同じ。
太ももと肩の筋肉のストレッチを説明。

★3回目(4日後):
首肩と手首は少し楽になったが、膝の痛みがまた出てきたとの事。
施術内容は前回と同じ。
お尻、太ももの筋肉をつけていくためのエクササイズを説明。

★4回目(6日後):
肩こりが少し出ている。膝と手首の痛みは少なくなった。
施術内容は前回と同じ。
右腕の筋肉も調整。

★5回目(3日後):
肩こりが少し残っている。
施術内容は前回と同じ。
骨盤周りの調整。
体重が少しずつ減ってきたとの事。
順調に推移しているため、次回からメンテナンスケアに変更。

【評価・コメント】
産後のエクササイズで筋肉をつけていくと基礎代謝が上がってくるので、太りにくい身体になってきます。一気に体重を戻すことだけにとらわれず、長期的に代謝を上げることを考えましょう。
エクササイズを毎日やるのも大変ですが、気付いた時に少しずつ、「・・しながら」でやって行きましょう。

<頭・首・顎>

№0720■薬も効かない頭痛(37歳 女性 会社員)

★来院時の症状★
肩こりはずっと前からで、頭痛もひどく頭痛薬を飲んでも効果が現れなくなった。
頭痛はお風呂に入ると少し弱まるが、すぐに戻ってしまう。
首肩は右側が特に痛くなりやすく、頭痛がひどい時は顎も痛い。
最近は体もだるくて疲れがとれない。
整骨院に通っていたが改善しないので来院。

★施術後の様子★
体のだるさと疲労感は初回の施術で消えてすごく眠れるようになった。
頭痛も4回目の施術後からはなくなり、首肩もだいぶ楽になった。
顎は時々だるい時もあるが、痛くなるまでにはならない。
「すごく調子がいい」とのコメントをいただきました。
現在は月に2回ぐらいのペースでメンテナンスを継続中。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
全身の筋肉の緊張が強く、特に右首と右の起立筋(背中)に強いハリがある。
顎の筋肉も相当硬くなっており、痛みがある事から判断すると、歯軋り等の影響もあると思われる。

【施術内容】

★1回目:
首肩から肩甲骨にかけて筋肉の緊張をとっていく。
胸の前の筋肉や顎の筋肉を緩める施術をし、首のエクササイズや姿勢指導も行った。
施術後、右首の痛みは少し残っていたが「全身はだいぶ楽になった」様子。

★2回目(4日後):
右首の痛みは残っているが「少し和らいできた」との事。
頭痛は前回の施術後からは出ていない。
前回と同じように首肩を中心に全身を施術。顎の筋肉も重点的に緩める。

★3回目(3日後):
昨日頭痛が出て薬を飲んだ」との事。右首と顎の筋肉の緊張が強いため、
昨夜の歯軋りが激しかったのではないかと判断し、リラックス対策を説明。
施術内容は前回と同じ。

★4回目(4日後):
前回施術後から頭痛はなし。首肩は施術後はすごく良好だが、4日ぐらい経つと調子悪くなってくる様子。
セルフケアとして首のストレッチを指導。施術内容は前回と同じ。

★5回目(4日後):
首肩の痛みも少しだけになってきた。頭痛はずっと出ていない。顎は少しだけだるい。
体全体がリラックスできるように全身ケアの施術に変更。

【評価・コメント】

長時間のデスクワークによる首肩への負担と歯軋りで、特に首の筋肉が慢性的に硬くなって緊張性頭痛を発生させていたと考えられる。
最近はストレスが多く激しく歯軋りをする人も増えているため、改善のためにはメンタルケアも重要な要素になってきている。

№0742■肩こりと頭痛、胸やけ(34歳 女性 自営)

★来院時の症状★
以前から肩こり、頭痛はあったがで、市販の頭痛薬で治っていた。
3ヶ月前ぐらいから足のむくみがひどくなり、ここ数ヶ月は仕事が終わると頭痛と胸やけがして動けなくなる。頭痛薬を飲んで効いてくると消える。
体全体もだるくて疲れが取れない。

★施術後の様子★
6回目の施術の後からは頭痛は出なくなった。
肩こりは初回の施術で少し感じる程度まで軽減。
現在は月に2回ぐらいのペースでメンテナンスを継続中。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
姿勢的には背中が丸まり頭部が前傾。
首から肩甲骨にかけての筋肉の張りが強く、特に右首の筋肉の緊張が強い。

【施術内容】

★1回目:
体全体に疲労がたまっているため、首肩から背中を重点に全身の筋肉の緊張をとっていく。
首のエクササイズや悪い生活習慣の改善、正しい姿勢指導も行った。
施術後、「頭痛がなくなり、全身が楽になった」様子。

★2回目(7日後):
肩こりは少々。頭痛は初回の施術後は出ていない。
前回と同じように首肩を中心に全身を施術。
肩甲骨の体操も指導する。

★3回目(7日後):
肩こりは少しあり。頭痛は昨日の夕方に出たため薬を飲んだ(生理中のためか?)
施術内容は前回と同じ。

★4回目(7日後):
肩こりは少々。前回施術後から一昨日まで頭痛はなかったが昨日少し出た。
施術内容は前回と同じ。顔の筋肉のケアも追加。

★5回目(7日後):
肩こりは少しだけあり。頭痛は一昨日に1回あり。
全体的には調子が良好のため、次回からメンテナンス施術に切り替えていく。

【評価・コメント】
4、5月は仕事が最も忙しい時期で休み無しで毎日午後11時ぐらいになっていたということのため、蓄積された疲労が許容範囲を超えてしまったのだと思われます。

体を休めるには一番は睡眠です。効率のいい睡眠をとるために、ゆっくりお風呂に入るとか、体を動かしたりストレッチをしたりとかも有効です。

№0988■ムチウチ後からの首肩の不調(35歳 女性 会社員)

★来院時の症状★
3年前に交通事故でムチウチになって以来、右の肩甲骨や肩が痛む。
他のカイロ院に通ったが治らないため来院。
右に向きづらく、右の肩甲骨や肩は特に夕方につらくなる。
月1回ぐらいは頭痛にもなる。

★施術後の様子★
右肩、肩甲骨の痛みは初回の施術後からだいぶ楽になり、7回目の施術でほとんど気にならなくなった。
現在は月に1、2回ぐらいのペースでメンテナンスを継続中。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
右首の筋肉の緊張が強いが左も張りがある。背中が丸まり顔が前に出た姿勢になっているため、常に首肩が緊張している。
左右の顎のずれもあり首肩に負担を与えていると思われる。

【施術内容】

★1回目:
首に重点を置きながら全身のバランスを整える。
首、胸の前の筋肉群、右肩甲骨周りの硬くなった筋肉を丁寧に緩める。
デスクワークの時間が長いため、特に座り姿勢を中心に生活習慣指導を行い、
首のエクササイズも説明する。

★2回目(5日後):
右首肩の痛みは残っているが、だいぶ楽になった様子。
前回と同じように首肩を中心に全身を施術。
今回は顎の筋肉も重点的に緩める。

★3回目(3日後):
右首肩の痛みはなくなり違和感だけになってきた。
施術内容は前回と同じ。
セルフケアとして首の筋肉のストレッチを指導する。

★4回目(4日後):
右の肩甲骨の違和感のみ少し残っている様子。
施術内容は前回と同じ。
セルフケアとして肩甲骨の体操を指導する。

途中経過省略

★7回目(7日後):
右肩甲骨は施術直後は違和感もないが、1週間ぐらいたつと少し違和感が出てくる。
施術内容は前回と同じ。胸の背骨の調整を追加。

【評価・コメント】
ひどいムチウチ(頚椎捻挫)の場合には首の靭帯などがのびて強い症状が出ることがありますが、軽いムチウチではそれほど強い症状が出ることは少ないです。

ただ、事故等でのストレスやムチウチの不快感などで自律神経のバランスが崩れたり、長時間のデスクワークなどによる首肩への負担が重なってムチウチ後の不調につながることがよくあります。

№1477■肩こりと毎日の頭痛(27歳 男性 医師)

★来院時の症状★
肩こりと頭痛は小学校の頃からあり、去年くらいからはその頻度が増えた。
頭痛は夕方にひどくなることが多い。お風呂に入ると楽になる。
首と頭の付け根のあたりが特に痛む。
腰痛も少しあるが、それほど気にならない。

★施術後の様子★
初回の施術で肩こり頭痛の症状は無くなりましたが、4日後に症状が戻ってきました。
施術の度に頭痛の頻度も少なくなり、4回目の施術後からは首肩もだいぶ楽になってきました。
仕事が忙しいと時々頭痛が出たりしますが、現在は随時でメンテナンスを継続中。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
背中から肩、首の筋肉の緊張が強く、顔が前に出て肩が丸まった猫背の姿勢がきつい。
仕事がハードな事とストレスも多いため、身体が休まることがない事も症状悪化の要因。

【施術内容】

★1回目:
背中から肩甲骨、首肩の筋肉の緊張を重点的に緩めていく。
セルフケアの首のエクササイズや姿勢指導を実施。
施術後、頭痛は無く体全体が軽くなった様子。

★2回目(8日後):
前回の施術後から3日間くらいは首肩こりも感じなかったが、4日目位から少し戻ってきたとの事。
頭痛は前回の施術後からは1回だけあった。
前回と同じように背中から首肩を重点に全身を施術。首の張りも強いため顎の筋肉も緩める。

★3回目(7日後):
前回の施術後は1回肩こりを感じたのと、1日頭痛の日があったとの事。
施術内容は前回と同じ。首の張りは大分改善していたので顎の施術は今回無し。

★4回目(20日後):
年末年始があったため前回施術から日にちが空いてしまい、肩こりは少しあり、頭痛は時々あり。
施術内容は前回と同じ。顎の施術とホットパックによる首肩の温めも実施。

★5回目(12日後):
セルフケアで首肩を温めたりエクササイズもできているため、ここ2週間は首肩こり・頭痛は出ていない。
施術内容は前回と同じ。顎の筋肉の張りが強いため、対処療法としてマウスピースをすすめる。

【評価・コメント】
若いドクターなので仕事もハードでストレスも多く身体に相当な負担がかかっています。
定期的な身体のメンテナンスとスポーツや趣味でのストレス発散の必要性を説明しました。

<肩・肘・腕・手>

№0962■背中から肩にかけての痛み(41歳 女性 自営)

★来院時の症状★
昔から肩こりがあって、肩から背中がこっている。
最近特に肩から背中が痛むことが多い。特に左側。
肩こりのひどい日は左肘に痛みが出る。
(自宅でのパソコン仕事で7時間以上は座っている)

★施術後の様子★
初回の施術以降、肩から背中にかけての痛みはほとんど改善。
仕事が忙しい時は少し肩こり感が強くなる。
左肘の痛みは3回目の施術以降なくなった。
現在は月に1回ぐらいのペースでメンテナンスを継続中。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
首肩の筋肉の張りが強く(特に左側)、左のスパーリングテストは陽性。
パソコンに向かってのデスクワークの時間が長く、頭部も前傾している。

【施術内容】

★1回目:
左首肩の筋肉の緊張を重点的に緩める。
胸の前の筋肉や顎の筋肉を緩める施術をし、首のエクササイズを指導する。
普段の姿勢と悪い生活習慣の改善を指導。

★2回目(3日後):
左肩と背中の痛みは少し残っているが、だいぶ楽になった様子。
左肘は時々痛む。前回と同じように首肩を中心に全身を施術。
顎の筋肉と左肘の筋肉も重点的に緩める。
背骨(胸部)の可動域を広げる調整をする。

★3回目(4日後):
仕事が忙しかったため左の肩から背中にかけて痛みが再発。
左肘も少し痛む。施術内容は前回と同じ。
セルフケアとして肩甲骨の体操を指導する。

★4回目(3日後):
左肩から背中にかけての痛みはこり感のみになってきた。
左肘の痛みはなし。施術内容は前回と同じ。

★5回目(7日後):
左肩から背中にかけての痛みはなく、昨日少しこり感があった様子。
左肘の痛みはなし。施術内容は前回と同じ。
次回からはメンテナンス的な施術に切り替えていく。

【評価・コメント】
パソコンに向かう時間が長い人は、姿勢が崩れやすく首肩、背中、腰への負担がかかります。
その場合には、正しい姿勢の指導と同じ姿勢を長時間続けないことが重要です。
ちょっとした休憩してストレッチするだけでも格段の違いが出ます。

№0954■頚椎症による痛みとしびれ(49歳 男性 会社員)

★来院時の症状★
1年前から背中、肩が痛くなり整形外科に通院中。
変形性頚椎症(C4-6)と診断され牽引治療、痛み止めを飲んでいるが症状が好転しない。
現在は左手先のしびれ、右肩・右腕がズキズキ痛む。

★施術後の様子★
初回の施術では痛みがひどくあまり症状の改善は見られなかった。
2回目の施術後からは少しずつ改善し、6回目の施術後から首を動かしても強い痛みはなくなってきた。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
首を後ろに反らせると左手のしびれ、右肩腕の痛みが出る。
首の右方向の動きに対しては右肩腕の痛みが強くなる。
症状からは神経根性だと思われるため、背中から上の筋肉の緩和と背骨の弯曲の矯正、姿勢や生活習慣の改善指導を徹底する。

【施術内容】

★1回目:
首肩から肩甲骨、胸の前の筋肉を重点に上半身の緊張をとっていく。
背骨の矯正と首の牽引ストレッチを行う。
首のエクササイズも説明するが、痛みが強く体操をするのが困難なため中止。
座り姿勢の指導と高枕を使用中のため低くしてもらうよう説明。
施術後、左手のしびれは少し改善。

★2回目(6日後):
右の肩、腕の痛みは初診時と変わらず。左手のしびれも同様。
前回と同じように上半身を中心に施術。
首周りの筋肉も重点的に緩める。背骨の矯正と首の牽引ストレッチも行う。

★3回目(7日後):
右の肩、腕の痛みは夜間にだいぶ楽になってきた。左手のしびれは変わりなし(しびれる)
施術内容は前回と同じ。枕についてはもう一段階低くして寝てもらうよう指導する。

★4回目(7日後):
右の肩、腕の痛みは夜間はなくなった。昼間も少し和らいできた。
左手のしびれは変わりなし。
施術内容は前回と同じ。

途中経過省略

★6回目(7日後):
右の肩、腕の痛みは肩の付け根のみになってきた。
午後から夕方にかけて少し痛む程度でだいぶ楽になってきた。
首を動かしても強い痛みは出ない。左手のしびれは変わりなし。
施術内容は前回と同じ。

【評価・コメント】
デスクワークで顔が前に出てパソコンを覗き込む姿勢が長時間続くため首の椎間板への負担がかかりすぎて変性を起こしているパターンです。
睡眠時の枕の高さが高すぎるのも首への負担を増幅します。
頚椎(首)ヘルニアを発症している人の多くは高さのある枕をしている傾向にあります。

№1099■頚椎椎間板ヘルニアによる痛みとしびれ(58歳 男性 会社員)

★来院時の症状★
3ヶ月前から左の腕、手、母指が急にしびれるようになり、整形外科でMRIをとり頚椎椎間板ヘルニア(C6)と診断されました。
牽引等の治療をしましたがまったく改善せず、職場の方のご紹介で来院されました。
現在は車の運転、上を向く、左を向く時に痛みがひどくなります。

★施術後の様子★
4回目の施術まではあまり症状の改善は見られなかった。
5回目に来院された時からは少しずつしびれる頻度が少なくなり、10回目の施術後から車の運転時もしびれが無くなり、仕事や生活上での不都合は消えた。
現在は月2回のペースでメンテナンス継続中。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
首を後ろに反らせると左腕、左手、左母指にしびれが出る。
就寝時もしびれ感あり。
頚椎椎間板ヘルニアと診断されているため、背中から上の筋肉の緩和と背骨の弯曲の矯正、首のエクササイズ、姿勢や生活習慣の改善指導を徹底する。

【施術内容】

★1回目:
首のエクササイズを説明、しびれが強くなるがやれそうなので頻繁にやれるよう指導する。。
上半身の筋肉を緩めて、首の牽引ストレッチを行う。
就寝時のしびれがあるため、枕を少し低くしてもらうよう説明。
普段の姿勢と生活習慣の改善を指導。
施術後、左手のしびれは変わらず。

★2回目(3日後):
左の腕、手、母指のしびれは初診時と変わらず。
今回は全身施術で上半身を重点的に緩める。
後半はリラクゼーションで首肩を緩めたが、その強さでも左のしびれは増強した。

★3回目(4日後):
左の腕、手、母指のしびれは初診時と変わらず。
就寝中のしびれはだいぶ楽になってきた様子。
施術内容は前回と同じ。
リラクゼーション時のしびれ感もなくなってきた。

途中経過省略

★5回目(5日後):
左の腕、手、母指のしびれの頻度が少なくなってきた。
施術内容は前回と同じ。首のストレッチ、左腕の緊張も緩める。

途中経過省略

★8回目(6日後):
左の腕、手、母指のしびれの頻度がより少なくなってきた。
くしゃみをしてもしびれなかった。
施術内容は前回と同じ。

途中経過省略

★11回目(14日後):
先週から左のしびれは感じなくなってきた。
車の運転でもしびれ感なし。首の体操の時は少しピリピリする。
施術内容は前回と同じ。

【評価・コメント】
普段の姿勢も影響しますが、テーブルで下を見て仕事をすることが多いため、首の椎間板への負担がかかりすぎてヘルニアになったと思われます。

ヘルニアの場合は通常よりも改善に時間がかかることが多いので、日頃から良い姿勢を心がけることは重要です。

№0831■ひどい肩こりと頭痛、めまい(42歳 女性 事務職)

★来院時の症状★
以前から肩こりはつらかったが、今年仕事を始めてからひどくなり特に午後から夜にかけて右肩が痛い。朝は少しまし。
頭痛は週に2~3回あり、めまいと立ちくらみも頻繁に出ている。
めまいは周りが大きく回る感じ。体もだるくて疲れがとれない。

★施術後の様子★
頭痛は初回の施術後からは出ていない。めまい、立ちくらみも時々出るくらいになってきた。
体のだるさと疲労感も初回の施術で消えてすごく楽になった。
肩こりは7回目の施術後からすごく楽になってきた。
肩こりは仕事でパソコンに集中して向かうと出てくるが、つらくなくなってきた。
現在は月に2回ぐらいのペースでメンテナンスを継続中。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
全身の筋肉の緊張が強く、首、肩、起立筋(背中)、腰と殿部の筋肉に強いハリがある。
特に首肩の張りが強く、慢性化した状態で首の可動域を少なくしている。
頭痛、めまい、立ちくらみは首の筋肉の緊張による緊張性頭痛だとパソコンでの集中仕事とストレス、悪い姿勢が筋緊張をまねいての症状と思われる。

【施術内容】

★1回目:
首肩から肩甲骨にかけてに重点を置くが、体全体がだるい感じなので全身の筋肉の緊張をとっていく。
頭が前傾し肩が丸まっているため、胸の前の筋肉を緩める施術をし、首のエクササイズと姿勢指導も行った。

★2回目(3日後):
右肩こりはだいぶ楽になった様子(しんどくない)
頭痛、めまい、立ちくらみは初回施術後からは出ていない。
左の腰の筋肉の張りが強く、押さえると痛みがある。
首肩を中心に、骨盤周りと下肢、首(斜角筋)のストレッチなどの施術を行う。

★3回目(4日後):
昨日、仕事が忙しくて右肩がすごく痛くなった。
頭痛、めまいは出ていない。
首肩を中心に、骨盤周りと下肢、首(斜角筋)のストレッチなどの施術を行う。
セルフケアとして肩甲骨エクサ(肩こり体操)を指導説明。

★4回目(2日後):
右肩こりは少しあり。頭痛はないが左目の奥が痛い感じがする。
左の起立筋(背中の筋肉)に強い張りがあったため重点的に緩める。
目の奥の痛みを改善するために、フェイシャルケア(顔全体の筋肉を緩める)も行う。
全体的な施術は前回と同じ。術後は良好。

途中経過省略

★7回目(5日後):
昨日、パソコンを2時間集中して使っていたため右肩がすごくつらかった。
頭痛はなし。
首肩を中心に、骨盤周りと下肢、首(斜角筋)のストレッチなどの施術を行う。

【評価・コメント】
「完璧主義で集中してやらないと気がすまない」ということなので、仕事が忙しくなった時は右肩のこりが強くなるが、以前に比べればつらくないとの事。
ストレスも多いようなので、定期的なケアを継続中。

№1934■四十肩とひどい首肩こり(53歳 男性 自営業)

★来院時の症状★
首と肩のこりは慢性的にあり3ヶ月前から左肩をあげると痛みがあり徐々に上がらなくなってきた。
現在は可動域が少なくなっており、左手で後頭部をさわったり、背中をさわったりするのはつらい。
時々右手がしびれる。

★施術後の様子★
初回の施術で肩まわりが軽くなったが左肩の可動域はほとんど変わらず。
9回目の施術後(2ヶ月後)から徐々に左肩の可動域が増えてきて、現在は少し違和感があるくらいに改善。月に1回ぐらいのペースでメンテナンスを継続中。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
全身の筋肉の緊張が強く、特に首肩と背中に強いハリがある。
左肩は腕が水平までしか上がらず、下からは腰をさわることが出来ない。

【施術内容】

★1回目:
首肩から肩甲骨にかけてを重点に、全身の筋肉の緊張をとっていく。
肩甲骨周りの筋肉のトリガーポイントをとることと肩関節のストレッチを実施。
施術後、左肩の可動域は少ししか改善しなかったが「肩まわりが軽い」との事。
施術後の左肩の状態からは「四十肩、五十肩」だと思われる。
四十肩のエクササイズを説明。

★2回目(3日後):
首肩まわりは凝っているが、今までよりは大分楽との事。
左肩の可動域は少しだけ良くなった感じとの事。
前回と同じように肩甲骨と肩関節周りの筋肉を中心に全身を施術。

★3回目(4日後):
少し首肩こりあり。
左肩の可動域はほとんど変わらず。
施術内容は前回と同じ。肩甲骨周りの筋肉のストレッチを実施後、左肩の可動域が少し改善。

途中経過省略

★10回目:
前回施術後から左肩の可動域が少しずつ増えているとの事。
施術内容は左肩甲骨、左肩関節周りの筋肉を緩めることとストレッチ。

★16回目:
左肩の可動も大分良好で少しのこわばりと違和感だけになってきた。
月1回くらいの全身のメンテナンス施術を継続中。

【評価・コメント】
腕が上がらないという肩のトラブルは色々な原因があります。
上がらなければ四十肩、五十肩という事ではなく、肩甲骨や肩まわりの筋肉の拘縮だけの場合も多いです。その場合はその日のうちに動くようになることもあります。
四十肩、五十肩の場合は数ヶ月かけて徐々に動きにくくなり、遂には上がらなくなります。
特に腰に手を回す方向に動かしにくくなります。

原因ははっきりわかっていませんが、平均的には1年くらいで痛みも自然消失していきます。
放っておくと可動域がどんどんなくなっていき日常生活に支障をきたしますから、早めに対策したほうがいいと思います。
今回も発症後5ヶ月くらいで改善できた例です。

№2020■四十肩と腕の痛み(56歳 男性 会社員)

★来院時の症状★

首と肩のこりは慢性的にあり3ヶ月前から左肩をあげると痛みがあり徐々に上がらなくなってきた。
現在は可動域が少なくなっており、左手で後頭部をさわったり、背中をさわったりするのはつらい。
時々右手がしびれる。

★施術後の様子★

初回の施術で肩まわりが軽くなったが左肩の可動域はほとんど変わらず。
9回目の施術後(2ヶ月後)から徐々に左肩の可動域が増えてきて、現在は少し違和感があるくらいに改善。月に1回ぐらいのペースでメンテナンスを継続中。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
全身の筋肉の緊張が強く、特に首肩と背中に強いハリがある。
左肩は腕が水平までしか上がらず、下からは腰をさわることが出来ない。

【施術内容】
★1回目:
首肩から肩甲骨にかけてを重点に、全身の筋肉の緊張をとっていく。
肩甲骨周りの筋肉のトリガーポイントをとることと肩関節のストレッチを実施。
施術後、左肩の可動域は少ししか改善しなかったが「肩まわりが軽い」との事。
施術後の左肩の状態からは「四十肩、五十肩」だと思われる。
四十肩のエクササイズを説明。

★2回目(3日後):
首肩まわりは凝っているが、今までよりは大分楽との事。
左肩の可動域は少しだけ良くなった感じとの事。
前回と同じように肩甲骨と肩関節周りの筋肉を中心に全身を施術。

★3回目(4日後):
少し首肩こりあり。
左肩の可動域はほとんど変わらず。
施術内容は前回と同じ。肩甲骨周りの筋肉のストレッチを実施後、左肩の可動域が少し改善。

途中経過省略

★10回目:
前回施術後から左肩の可動域が少しずつ増えているとの事。
施術内容は左肩甲骨、左肩関節周りの筋肉を緩めることとストレッチ。

★16回目:
左肩の可動も大分良好で少しのこわばりと違和感だけになってきた。
月1回くらいの全身のメンテナンス施術を継続中。

【評価・コメント】
腕が上がらないという肩のトラブルは色々な原因があります。
上がらなければ四十肩、五十肩という事ではなく、肩甲骨や肩まわりの筋肉の拘縮だけの場合も多いです。その場合はその日のうちに動くようになることもあります。
四十肩、五十肩の場合は数ヶ月かけて徐々に動きにくくなり、遂には上がらなくなります。
特に腰に手を回す方向に動かしにくくなります。
原因ははっきりわかっていませんが、平均的には1年くらいで痛みも自然消失していきます。
放っておくと可動域がどんどんなくなっていき日常生活に支障をきたしますから、早めに対策したほうがいいと思います。
今回も発症後5ヶ月くらいで改善できた例です。

<腰・殿・股・骨盤>

№0682■繰り返すギックリ腰(54歳 女性 工場勤務)

★来院時の症状★
1ヶ月位前にギックリ腰をやった後から左腰に痛みが残っている。
体が痛みを避けようとして、左腰を横に引いた姿勢になっている(退避姿勢)
特に立ち上がる時、起き上がる時が痛い。寝ていてふくらはぎがつることも多い。
腰痛は以前からあり、ギックリ腰も何度も繰り返している。
1年以上前に整形外科で腰のレントゲンを撮ったが異常なし。
工場では立ち仕事で重いものも持つことが多い。
現在、更年期障害でホルモン治療中。

★施術後の様子★
1回目の施術で左腰痛はだいぶ楽になった様子。朝と夕方に少し違和感あり。
退避姿勢は3回目の施術時には改善しまっすぐになっていた。
6回目の施術で普段の生活で腰痛は感じなくなり、ふくらはぎの状態も良好になったが、腰の筋肉はまだ張りが強く押さえると痛みがあるため、メンテナンス継続中。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
体が退避姿勢になっていたため、腰椎椎間板ヘルニアを疑うが簡易検査は陰性。
左の腰の筋肉の張りが強く、これが痛みの原因と思われる。

【施術内容】

★1回目:
腰と殿部、下肢を中心に緊張した筋肉を緩めていくが、腰痛による退避姿勢で上半身の筋肉も張りが強いため全身をケア。
左腰の筋肉は押さえるとかなり痛みがあったため慎重に緩める。
セルフケアとして腰痛体操を指導。姿勢、悪い生活習慣の改善指導。

★2回目(8日後):
左腰の痛みは朝と夕方に少し違和感が出るが、だいぶ和らいできた様子。
退避姿勢は少しだけ残っているがほとんど改善。
前回と同じように腰、殿部を中心に全身を施術。

★3回目(4日後):
左腰は立ち上がるときに少し痛みがあるが、前回よりもだいぶ楽になってきた。
退避姿勢はほぼ改善。施術内容は前回と同じ。
調子が良くなってくると腰痛体操の回数が減ってくるため、回数増を指示。

★4回目(6日後):
左腰は前回よりもだいぶ楽になってきた。
左腰の筋肉はまだまだ張りが強く、押さえると痛みあり。
施術内容は前回と同じ。

★5回目(9日後):
左腰は日常生活では支障なしだが、昨日左のふくらはぎがつった。
施術後はすごく良好だが、日が経つにつれて少しずつ違和感が出てくる。
施術内容は股関節への施術を追加。

★6回目(5日後):
左腰は日常生活では支障なし、ふくらはぎも良好。
仕事中は腰への負担が避けられないことも多いため、腰痛体操の頻度を増やすことを指導。
施術内容は前回と同じ。

【評価・コメント】
寝ている時にふくらはぎがつるのは、腰の状態が悪いことがほとんどです。
腰のケアをすることにより、自然につらなくなることが多いです。

また、ギックリ腰も突然なるわけではなく、腰の状態が悪いときにたまたま急性症状として出るだけです。良好な腰の状態であればギックリ腰にはなりません。

№1064■太ももの付け根の激痛(41歳 男性 大工)

★来院時の症状★
月初めから右ももの付け根と右足、右腰が痛い。
立っていると痛みがひどい、座って身体を丸めると少し楽になる。
寝るときも痛くて眠れないが、右下になって寝ると少し眠れる。
10年前に腰椎椎間板ヘルニアで手術経験あり。

★施術後の様子★
5回目の施術後からは痛みがほとんどなくなり、夜も普通に眠れるようになった。
少し右足に力が入らない感覚は残っているが徐々に改善中。
現在もメンテナンスで通院中。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
どんな体勢をとっても右太ももの付け根と右足に痛みがあり、一番楽な姿勢で施術を開始。
どの筋肉をさわっても痛みが激しいため、保存療法を中心に改善を図る。
腰椎椎間板ヘルニアの可能性が考えられる。

【施術内容】

★1回目:
どの姿勢をとっても痛みが出るため、うつ伏せで保存療法を中心に痛みが増幅しない
範囲の関連筋を緩めていく。
術後は痛みはだいぶあるものの少し楽になった様子。

★2回目(3日後):
午前中に整形外科でレントゲンを撮り、「股関節の石灰化」ということで注射をされたが改善せず。総合病院を紹介され診察を受ける。総合病院では「椎間板ヘルニアでしょうね」ということで痛み止めのみ処方されるが効かず。次回ブロック注射の予定。
当院でも椎間板ヘルニアを疑うが簡易検査では陰性だった。
前回よりは少しましだが痛みの感じはほとんど変わらず。
今回は座位で腰周りの筋肉を緩める。
施術後は少しましになったが強い痛みはあり。

★3回目(3日後):
一昨日ブロック注射をしたが痛みの感じは変わっていない様子。
ただ立っているのが少し楽になり、座っているのがきつくなってきた。
今回は右下で横になって施術。
腰周りの筋肉を緩めて腰椎の動きもつけていく。
施術後は痛みはあるが施術前よりはだいぶ楽になったとのこと。

★4回目(1日後):
右下で横寝であれば眠れるようになってきた。
痛みは座ると出る。立ったり歩いたりは少しまし。
今回も前回と同じ施術。腰周りのストレッチになる体操を指導する。
状態としてヘルニアよりは外側大腿皮神経の障害の方が濃厚。
次回からは関連筋のストレッチを中心に施術予定。

★5回目(1日後):
前回施術後は痛みはあったがだいぶ良好で、今朝から痛みが戻ってきた。
保存的施術と共に外側大腿皮神経の関連筋をストレッチし腰椎の動きもつけていく。
夜は仰向けで眠れるように姿勢を指導する。

★6回目(2日後):
昨日総合病院で「注射が効かなかったのであればヘルニアではないので薬で様子を見ましょう」「原因については分かりません」と言われ同じ薬を出されたとのこと。
前回の施術後からは急激に改善し、どの姿勢でも痛みは出ていない。
ただ、右足に力が入らない感じし、右足をかばってる分、左足がだるい感じがする。
夜も仰向けで普通に眠れるようになってすごく楽になったとのこと。
今回から全身施術に切り替え身体全体のケアをしていく。

【評価・コメント】

外側大腿皮神経障害はコルセットとかで骨盤周りを締め付けることが多いと骨盤周りの筋肉が硬くなって神経を刺激して発生します。

今回も毎日コルセットをして尚且つ腰周りは仕事用の重いベルトをされていました。
その繰り返しの負担と、寒くなって筋肉が緊張しやすくなったのが重なって症状が出たと思われます。

腰痛などで使うコルセットは痛みがひどい場合は効果もありますが、常に使うものではありませんので、安心感だけで使い続けない方がいいと思います。

№0801■変形性股関節症(54歳 女性 主婦)

★来院時の症状★
2日前にジムでエアロバイクに乗った後から、右足に痛みが出て歩きにくくなる。
今日は右の殿部から股関節、大腿外側に痛みを感じ、足が上げにくい状態。
歩き過ぎると痛くなるため、長く歩くときは杖を使っている。
横向きでは痛くて眠れないため、寝返りがしづらい。
整形外科では20年前から右の変形性股関節症と診断を受け、人工関節はまだいいだろうということで、現在も半年毎に検査を受けている。

★施術後の様子★
初回施術後、体全体が軽くなり足も少し上がるようになった。
4回目の施術後は横向きでも眠れるようになった。
現在は長時間歩いたりすると少し痛みは出るが、痛みによる生活上の支障は少なくなってきた。
人工関節の手術はできるだけしたくないということで、月2回ペースでメンテナンス継続中。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
脚長差が3㎝ほどあり、体が跛行(上下の揺れ)をしている。
右の股関節の外転(足を外に広げる)と屈曲(大腿をお腹の方に動かす)制限が強い。
右の股関節周りの筋肉と大腿四頭筋(太ももの前)、腸腰筋(骨盤内のインナーマッスル)に拘縮が認められる。
痛みを改善させるためにこれらの筋肉をじっくりと緩めることに重点を置く。

【施術内容】

★1回目:
殿部と下肢を中心に硬くなった筋肉を緩めていくが、肩こりもあるため上半身の筋肉もケアしていく。
右股関節周りの深層筋と腸腰筋もじっくりと緩める。
術後は体全体が軽くなり、足も少し上がるようになった。

★2回目(7日後):
右足の痛みは少し弱まったが、歩くと太ももと股関節に痛みが出る。
施術内容は前回と同じ。
週末から2週間北海道に旅行に行くという事で歩き過ぎないように説明。

★3回目(38日後):
1ヶ月以上空いてしまったが、右の足、股関節の痛みはひどくはなっていない。
施術内容は前回と同じ。
右の大腿外側の張りが強いため重点的に緩める。

★4回目(12日後):
右足、右股関節の痛みは少し感じるぐらいでほとんど支障はなくなってきた。
施術内容は前回と同じ。

★5回目(6日後):
右足、右股関節の痛みは歩くことが多いとやはり出るが、日常生活では支障なし。
横向きで寝ると痛かったのが、横向きでも眠れるようになった。
施術内容は前回と同じ。

【評価・コメント】
変形性股関節症は股関節軟骨が磨り減ってしまうことによって起こります。
日本では先天性股関節脱臼や先天性臼蓋形成不全などの股関節の作りに問題がある人に多く発症し、30~40代以上の女性に多い病気です。

股関節周りの筋肉や関節が拘縮して痛みが出ることが多いので、ポイントになる筋肉を十分緩めることが痛みを軽減する最善策になります。
特に深層筋をじっくり緩めることによって楽になる方が多いです。

進行予防としては股関節に大きな負荷がかからないように殿部の筋肉を鍛えたり、体重をコントロールすることが大切です。

杖の利用は股関節への負荷を少なくするためには有効ですが、使いすぎると周りの筋肉も衰えてしまうので、長く歩くときだけとかの考慮が必要です。

№0720■慢性腰痛が悪化(37歳 女性 サービス業)

★来院時の症状★
1年前から腰痛、足痛はあったが、3か月前に右の腰を痛めてから悪化。
腰は座っている時と運転している時、かがんだ時に痛い。
足は立っている時に痛い。うつぶせになった時は腰、足ともにつらい。
寝ている時はふくらはぎがよくつる。
整形外科での腰部レントゲンは異常なし。

★施術後の様子★
初回の施術後2日間は腰痛、足痛ともにすごく楽だった。
その後痛みがだんだんと戻ってきたが、来院時に比べればだいぶ楽になった。
3回目の施術後は足の痛みは無くなり、腰は座りっぱなしの時にピリピリするのが残っている。
5回目の施術後も長く座っていた時に腰のピリピリが出るため継続ケア中。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
全身の筋肉の緊張が強く、特に背中(起立筋)、腰(腰方形筋)、殿部(中殿筋)に強いハリがある。
毎日、座っている時間も長く、立っている時は10センチ以上のヒールをはいているため、姿勢も悪くなり腰にも相当の負担がかかっている。
殿部と腰部の筋肉を緩めることに重点を置く。

【施術内容】

★1回目:
全身の筋肉が固くなっているので全身ケアをするが、特に殿部、腰部の筋肉の緊張をとっていく。
左の腰方形筋は極端に固くなっており、痛みも強いためゆっくりと緩めていく。
セルフケアの腰のエクササイズや姿勢指導も行った。
施術後、全身が軽くなり、痛みはだいぶ楽になった様子。

★2回目(4日後):
初回施術後の2日間は腰、足共に痛みが少なくなりすごく楽だったとの事。
その後少し痛みが戻ってきた。
昨日はヒールをはいて長く歩いたため、今日は腰が少し痛い。
施術内容は前回と同じ。

★3回目(3日後):
腰、足共に少し痛みはあるが、だいぶ歩きやすくなってきたとの事。
足の痛みは座りっぱなしの時に出る。
施術内容は前回と同じ。腰はホットパックを使って施術中も温めた。

★4回目(5日後):
腰はかがんだ時に少し痛い程度、足は少し違和感がある程度で、座りっぱなしの時には殿部がピリピリする。
施術内容は前回と同じ。腰のインナーマッスルも緩める。

★5回目(9日後):
足の方は良好。座る時間が長いと右殿部がピリピリするのは残っている。
施術内容は前回と同じ。

【評価・コメント】
あぐら、足組、立膝、横座り、高いヒールなど、身体に負担をかける生活習慣が多く、慢性化していた腰痛が悪化。
生活習慣の改善は簡単ではないですが、少しずつでも変えていくことで筋肉への負担を和らげましょう。

<大腿・膝・足>

№0079■坐骨神経痛で足が上げづらい(66歳 男性 無職)

★来院時の症状★
最近、腰が少ししびれた感じで感覚がない。殿部から足にかけてもしびれた感じ。
特に左足が上がらないので、けつまずいたりしてスリッパも履けない。
20年前に整形外科で腰椎椎間板ヘルニアの診断を受けた。

★施術後の様子★
7回目の施術後からは腰痛もほとんど感じなくなり、足のしびれ感も解消。
月に2回ぐらいのペースでメンテナンスを継続中。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
坐骨神経痛でスリッパを履いても足が上がらずつまずきそうな様子。
背中から腰、殿部にかけての筋肉の緊張が強く、左の腰の筋肉は極度の緊張状態だった。
腰椎ヘルニアの経験があるが20年前のため参考にはならず。
簡易検査をするも、大腿の筋肉の張りが強いため判断できず。
まずは筋緊張の改善を試みる。

【施術内容】

★1回目:
腰のエクササイズを説明し、背中から腰、殿部、下肢にかけての筋肉の緊張をとっていく。
大腿前面、殿部、腰の筋肉は特に緊張して硬くなっていたため、ゆっくりじっくり緩める。
施術後、全身がだいぶ楽になり、スリッパが履けるようになった。
姿勢、悪い生活習慣の改善指導も行った。

★2回目(4日後):
腰痛、足のしびれ共に少し楽になった様子。
昨日30分ほど歩いた後で少し腰が重くなった(無理をしないように説明)
背部と左腰の筋肉の張りが強い。
前回と同じように大腿前面、殿部、腰の筋肉をゆっくり緩める。
再度、腰痛体操の頻度アップを指導説明。

★3回目(2日後):
腰の痛みはだいぶ楽になり、足のしびれ感は少なくなってきた。
背中が夕方になると少し痛くなるということなので、肩甲骨まわりのストレッチを指導説明。
施術内容は前回と同じ。全体的に回復傾向。

途中経過省略

★6回目(2日後):
腰は少し重だるい感じのみ。足のしびれ感、背中のだるさはなし。
前回の施術後からは自転車に乗れるようになった。
施術内容は前回と同じ。

★7回目(6日後):
腰の重だるさ、足のしびれ感、背中のだるさ共に良好。
歩くとふくらはぎに張りが出るということだったので、無理をしないように指導説明。
施術内容は前回と同じ。

【評価・コメント】
長時間の車の運転やあぐらなどの腰や殿部に負担をかける姿勢が長年続いていたことにより筋肉が慢性的に硬くなり、腰痛や坐骨神経痛を出していたと思われます。

今は快適に自転車でお仕事に行かれていますが、悪い生活習慣に戻ってしまうと同じ症状を繰り返すことになるので、メンテナンスと共に姿勢チェックも重要です。

№1041■変形性膝関節症(56歳 女性 主婦)

★来院時の症状★
5年以上前から右の太ももと膝の痛みが続いており、2ヶ月ぐらい前からは特に左膝が痛くなってきた。
整形外科では変形性膝関節症と診断されている。

★施術後の様子★
6回目の施術後から痛みやうずきも減ってきた。
歩き過ぎたりすると痛みが出るが継続してメンテナンス中。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
膝の内側に痛みがある典型的な膝関節症の症状が出ていた。
左右の膝周りに腫れ感があったため、初回は膝の局所的な施術は控える。

【施術内容】

★1回目:
大腿部、ふくらはぎ、殿部を中心に膝周りは避けて全身の筋肉を緩める。
膝への負担をカバーするためのエクササイズや姿勢指導も行った。

★2回目(18日後):
日程調整ができず2週間以上空いてしまった。
左右の膝の状況はあまり変わらず、左膝の内側がうずく。
太ももについてはだいぶすっきりした様子。
前回と同じように全身施術をし、膝周りも重点的に緩める。

★3回目(3日後):
左膝はうずきの頻度が少なくなってきた。
体重増が膝に与える影響が大きいため、体重コントロールについて説明する。
施術内容は前回と同じ。

★4回目(4日後):
右膝はだいぶ楽になってきた。左膝は時々うずく。
膝に負担をかけずに筋肉を鍛える方法としてプール歩きもすすめる。
施術内容は前回と同じ。

★5回目(7日後):
左膝のうずきは変わらず。
膝に負担をかけないためのエクササイズを3種類に絞って指導する。
施術内容は前回と同じ。

★6回目(7日後):
左膝の痛みや腫れは少し楽になってきた。
施術内容は前回と同じ。

【評価・コメント】
変形性膝関節症はまず現状の痛みをやわらげることと、内側にかかりやすい膝関節への負担を平均化し、長期的に膝への負担を少なくする保存療法が重要です。 

№1476■左殿部から太ももの坐骨神経痛(57歳 男性 会社員)

★来院時の症状★
左の殿部から太ももにかけて常にしびれと痛みがある。
ここ2ヶ月で症状はひどくなっている。
階段を前向きで降りる時に左足を付くと力が入らない感じでガクッとくることがある。
以前から左の腰痛はあり、ぎっくり腰も何回か経験がある。
左膝も正座ができないくらい痛い時がある。

★施術後の様子★
1回目の施術で左殿部から太ももにかけての痛みやしびれは大分楽になり、仕事をしている時に少し感じるくらいになった。
左膝の痛みも2回目の施術後は少し引っ掛かりがあるくらいになった。
年末年始を挟んで施術間隔が延びても時々痛みを感じる程度にまで改善。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
立位で左腰の上部と左殿部、左の太ももの前(大腿四頭筋)の緊張が強く、左側の症状はこれらの筋肉が出していると思われる。
腰の椎間板ヘルニアの簡易検査では問題はなかった。

【施術内容】

★1回目:
殿部、腰部の特に左側を重点的に固くなった筋肉の緊張をとっていく。
太ももの前の筋肉も相当拘縮していたため十分に緩める施術をし、腰のエクササイズや姿勢指導も行った。
施術後、少し痛みは残っていたが、だいぶ楽になった様子。

★2回目(2日後):
左殿部の症状は前夜と仕事中に少し痛みはあったが相当楽になったとの事。
左膝がカクカクいうのと、左の太ももの前の筋肉はまだ固い。
施術内容は前回と同じ。腰のインナーマッスルも緩め、ブロックも使用して骨盤も調整。

★3回目(7日後):
左殿部は少しだけ痛みはあるが生活に支障はない程度になった。
左膝は強く曲げると少し引っ掛かりがある。
施術内容は前回と同じ。

★4回目(25日後):
年末年始の休みで施術間隔があいたが、症状は戻っておらずすごく良好。
施術内容は前回と同じ。

★5回目(21日後):
仕事の関係で前回施術から1ヶ月くらい経ってしまったが左殿部から太ももにかけては時々痛む程度。
施術内容は前回と同じ。
仕事の関係で転勤が決まったということのためセルフケアの指導をして終了する。

【評価・コメント】
数十年前から腰に負担がかかり続けて、慢性腰痛でぎっくり腰も繰り返していた。
常に左側に重心があって、仕事が忙しかったことと寒くなってきたことで、左側の坐骨神経まで刺激してしまった。
普段からの身体のケアというのは本当に大切です。

<その他>

№0068■全身疲労と不眠(39歳 女性 介護職)

★来院時の症状★
20代から肩こりがあり、頭痛、背中の痛みもずっと前からで、最近は疲労感が強く眠れない。
介護の仕事は4年目になるが、上半身の疲労と腰の痛み・ふくらはぎのだるさも出てきた。
内科では自律神経失調症と診断されている。
他のカイロ院、整骨院、マッサージにも通っていたが改善しないため来院された。

★施術後の様子★
肩こり、頭痛、背中の痛み、疲労感は初回の施術後からだいぶ楽になった。。
不眠もだいぶ良くなったが、眠りは浅い。
数回の施術で全体的には調子よくなったが、ストレスを感じやすく緊張しやすいため、そういう日が多いとまた調子が悪くなる。
メンタル面の改善も必要だが、施術後は心身ともにすごく元気になれるということなので、月に2回ペースで継続メンテナンス中。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
首肩から背中、腰にかけての筋肉の緊張が非常に強い。
ストレスも多く、介護の仕事での負担も大きいため、筋緊張~痛み・不快感~自律神経の不調~筋緊張という悪循環から抜け出す必要がある。
ほとんどの症状は筋緊張からきていると思うので、全身のケアと姿勢・生活習慣の改善指導に重点を置く。

【施術内容】

★1回目:
腰より上の上半身の筋緊張をゆるめていく。
首のエクササイズや肩甲骨のエクササイズ、姿勢指導を行う。
施術後、体全体的にだいぶ軽くなった様子。

★2回目(5日後):
肩こり、背中の痛み、全身の疲労感は改善。
頭痛は少しましになった。寝つきも少し良くなった。
前回と同じように上半身を中心に全身を施術。

★3回目(7日後):
肩こり、背中の痛みは少しあり。睡眠も少し改善。頭痛はここ数日は毎日あり。
首の張りが特に強かったため重点的に緩める。
施術内容は前回と同じ。

★4回目(24日後):
前回の施術から3週間以上空いてしまったが、肩こり、背中の痛み、頭痛も気になるレベルではなくなってきた。
だいぶ眠れるようになってきた。
施術内容は前回と同じ。

★5回目(22日後):
肩こりと睡眠は良好。頭痛と背中の痛みは気にならない程度。
首肩こりの予防のため、首の筋肉のストレッチを指導説明。
体全体がリラックスできるように全身ケアの施術に変更。

★6回目(31日後):
肩こりはつらく、背中も痛い。頭痛は時々しか起きていないが、ぐっすりと眠れていない。
全身の筋肉の緊張が強く症状も再発。
上半身の筋肉の緊張をゆるめていく。施術後はものすごく楽になったとの事。
仕事上も私生活でもストレスを感じやすいということなので、月2回のメンテナンスを提案。

【評価・コメント】
ストレスを感じやすい人は、どうしても自律神経のバランスが崩れて筋緊張が起こりやすい。
改善のためにはメンタルケアも重要な要素になってくるので、呼吸法なども取り入れてその人に合ったストレス発散法を探していきたい。

№0998■パニック障害後の不調(31歳 男性 パティシエ)

★来院時の症状★
昨年6月にパニック障害を発症して以降、疲れてくるといろいろな不調が出てくるようになった。
尾骨の辺りが痛む、左足裏が痛い、左母指がしびれる、疲れが取れない。
排便時に動悸が激しくなる等。

★施術後の様子★
各症状は初回施術時より徐々に改善し、9回目の施術後からはほとんどでなくなった。
現在は月に2回ぐらいのペースでメンテナンスを継続中。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
筋肉の状態や関節の可動域等にほとんど問題はなし。
症状も仕事中は忘れているようなので、自律神経のバランスが崩れての症状と思われる。

【施術内容】

★1回目:
腰、殿部周辺を中心に身体全体の筋肉をゆるめて整える。
施術後は体全体が軽くなり症状は全くない様子。

★2回目(7日後):
殿部の痛みは一昨日ぐらいからまた出てきた様子。
左足裏の痛み、左母指のしびれも同様。
今回は全身の筋肉の緩和と関節の動きの調整を行う。
術後は前回同様良好。

★3回目(14日後):
殿部の痛み、左足裏の痛み、左母指のしびれは疲れてくると出る様子。
施術内容は前回と同じ。

★4回目(7日後):
殿部の痛み、左足裏の痛み、左母指のしびれはだいぶ少なくなってきた。
施術内容は前回と同じ。

途中経過省略

★9回目(7日後):
殿部の痛みは立ち続けていると少し出るが、他の症状はほとんどなくなった。
施術内容は前回と同じ。
首のエクササイズ、腹式呼吸で気持ちをリラックスする訓練法を指導。

【評価・コメント】

自律神経のバランスが崩れるというのは一般的には興奮させる神経(交感神経)がリラックスの神経(副交感神経)より優位に立つことをいいます。

自律神経系の症状はストレスや疲労が蓄積したような時に発生しやすいですが、自律神経の敏感さ(ストレスの感じやすさ)は個人差が大きいです。

パニック障害も症状自体は自律神経失調症状ですので、心を含めた身体全体がリラックスできる状態にしていくことが重要になってきます。

№0719■O脚矯正と肩こり(28歳 女性 会社員)

★来院時の症状★
数年前からO脚が気になってきてO脚矯正を希望。
デスクワークのため肩こりも常にあり。

★施術後の様子★
19回の施術で初回指数2.7(膝間約5cm)から指数1.8(膝間約3.4㎝)に改善。
肩こりも当初よりはすごく楽になり、夕方少しだるくなるぐらいまでになった。
O脚体操は継続中。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
初回来院時のO脚指数(両膝の間の距離指数)は2.7(約5cm)で矯正可能度は
指数1.3(約2.5㎝)でした。
首肩は張りが強く、首を左右に傾けると痛みが出ていました。

【施術内容】

★1回目:
殿部、腰、首肩から肩甲骨にかけて筋肉の緊張をとっていく。
O脚体操を説明しセルフケアを指導。その後、O脚矯正の施術。
O脚指数:施術前(2.7)->施術後(1.9)
休日しか来院できないということなので自宅でのO脚体操の徹底を説明する。

★2回目(7日後):
首肩こりは「楽になってきた」との事。
O脚体操後に全身の筋肉の緊張をとっていき、O脚矯正の施術。
O脚指数:施術前(2.7)->施術後(1.8)

★3回目(8日後):
首肩はすごく楽になったが、昨日バーベキューをして全身筋肉痛との事。
施術内容は前回と同じ。
O脚指数:施術前(2.3)->施術後(1.8)

★4回目(6日後):
首肩は夕方に少しだるさがあり。
施術内容は前回と同じ。
O脚指数:施術前(2.2)->施術後(1.6)

★途中経過省略

★18回目(7日後):
首肩は少し肩こりを感じる。
施術内容は前回と同じ。
O脚指数:施術前(1.8)->施術後(1.5)

★19回目(6日後):
首肩は夕方に少しだるさがあり。
施術内容は前回と同じ。
O脚指数:施術前(1.8)->施術後(1.5)

【評価・コメント】
矯正可能度はそこまで矯正できるかもしれない可能性なので、実際はやってみないと分からないところがあります。
O脚矯正は戻りが大きいため、施術間隔が短いほうがベターです(週2~3回)
平均的には15回ぐらいはかかりますが、矯正結果と期間は個人差が大きいです。

№1516■不安障害からくる不調(38歳 男性 無職)

 ★来院時の症状★
10年以上前から側頭部、こめかみ、おでこにハリのような症状がある。
言い換えると頭痛のような感じで、耳鳴りもある。
腰痛や肩こりは感じないが、顎(特に右)が痛い。
寝つきが悪く眠りも浅い感じがする。
2年前からパニック障害や不安感などの不安障害、トラウマなどの心的外傷があり心療内科で治療中。

★施術後の様子★
初回施術から3回目位までは側頭部の張りに変化は無し。
4回目の施術後からは変化が出てきたが、日によって良かったり悪かったり。
右顎の痛みは施術の度に楽になって、6回目の施術の後からはほとんど気にならなくなった。
主訴である側頭部のハリ感に大きな変化はないが、施術後は体全体の調子がいいことと睡眠の質も少し良くなってきた。
現在は心療内科が月1回、当院の施術が月2回ぐらいのペースでメンテナンスを継続中。

★施術内容と経過(抜粋)★

【初見】
首肩と顎の筋肉が相当硬くなっており、側頭部の緊張性頭痛のような症状と顎の痛みから判断すると歯軋り等の影響もある。

心療内科に通っておられるので心因性の頭痛である可能性も高いが、薬での治療ではなく自律神経を整える治療をされているため、当院の施術との相乗効果も生みやすいと判断する。

【施術内容】

★1回目:
全身の固くなった筋肉の緊張をとっていく。
胸の前の筋肉や顎の筋肉を緩める施術をし、姿勢指導も行った。
歯軋りをしている可能性が高いため、マウスピースの装着をすすめる。

★2回目(4日後):
側頭部のハリ感は変化ないが、顎の痛みは少しましになったとの事。
前回と同じように全身施術をし、側頭部、顎の筋肉も重点的に緩める。

★3回目(4日後):
側頭部のハリ感は変わらず。こめかみとおでこのハリが強いとの事。
顎は右側が少し痛い。睡眠は浅く、不安感もあるとの事。
首のハリが強い所から、不安感もあり夜の歯軋りが激しかったのではないかと判断する。
施術内容は前回と同じ。首の筋肉を重点的に緩める。
施術後の身体は良好との事。

★4回目(10日後):
側頭部のハリ感は良かったり悪かったりで少し変化が出てきた。
顎は少し右に違和感がある。寝つきが少し悪い。
施術内容は前回と同じ。胸の背骨の矯正。セルフケアとして深呼吸を説明したがやってるとの事。

★5回目(5日後):
側頭部のハリ感は日によって違う。顎は右側に少し違和感あり。
体がリラックスできるように全身ケアの施術に変更。胸の背骨の矯正(可動域アップ)

★6回目(5日後):
側頭部のハリ感は少しましな日も出てきた。顎は右が少しだけだるい。
施術内容は前回と同じ。胸の背骨の矯正。

【評価・コメント】
自律神経のバランスが崩れると様々な症状が出ます。

交感神経優位になると悪循環のサイクルに陥ってしまうので、施術によってリラックスできるように努めている。
歯軋りもメンタル面の影響が大きいため、メンタルケアが重要になってくる。

通われている心療内科が、薬を使わずに自律神経を整える治療をしてくれるところなので薬の副作用の悪循環サイクルに陥らないので有難い。