岡山で不妊治療の整体なら【大原カイロプラクティック】岡山不妊整体院におまかせ下さい

メニュー

岡山で不妊を整体で解消するなら【大原カイロプラクティック】岡山不妊整体院へ


岡山県岡山市北区野田2-7-12 プチブル野田102

ご予約・お問い合わせはこちら
086-239-3470

受付時間: 平日10~20時
土日祝10~16時
定休日: 水曜日

WEB予約
お問い合わせ

頭痛、片頭痛でお悩みの方へ

岡山で頭痛でお悩みの方へ

岡山市北区で頭痛、片頭痛がつらい方は【大原カイロプラクティック】にご相談ください。整体やカイロプラクティックの技術を駆使して、それぞれの方に合わせた独自の施術で、今の悩みを解消します。

頭痛がでるとズキズキしてイライラするので「早く何とかしたい」と思いますよね。

でも、あなたは頭痛が頻繁にあって、薬で抑えるのが当たり前になっていませんか? それは、やはり対処療法になってしまうので同じことの繰り返しになります。

当院では、まず「頭痛の頻度を減らすこと」、そして「頭痛が出ない身体とセルフケアを身につけること」を重視しています。

このページでは頭痛の種類と原因、対処法、当院での施術のポイントを解説していきます!

あなたの頭痛のタイプをチェックしてみましょう

緊張性頭痛、片頭痛、群発頭痛

さて、どのタイプになりましたか?

  • Aタイプは頭痛の中で一番多い「緊張性頭痛」
  • Bタイプはまぶしくてズキズキする「片頭痛」
  • Cタイプは大量の涙が出る「群発頭痛」

これらの頭痛は慢性頭痛と呼ばれ、頭痛全体の90%以上を占めます。

このページでは緊張性頭痛片頭痛を中心に原因対策を説明していきますが、それ以外の頭痛についても別の方向から比較してみます。

危険な頭痛と比較的安全な頭痛

危険な頭痛とは、放置すると短期間のうちに生命に影響があるか、重篤な障害に至る可能性のあるものです。

それらは病気の一症状として頭痛が出ているもので、くも膜下出血、脳出血、脳梗塞、脳腫瘍、髄膜炎、緑内障などの疾患が代表的です。

意識が遠のく、手足がしびれる、どんどんひどくなるなど、今までにないような症状がある場合はすぐに病院に行って医師の診断を受けましょう。

頭痛の悩みで来院された方の声

●頭痛と吐き気がなくなりました

岡山市北区で頭痛で来院された人の喜びの声

(M.M.様 30代女性 自営 岡山市北区)

・当院を選ばれたきっかけは何ですか?
初めての事で、ネットでどこかいい所はないかと探していたところ、一番情報量が多く、様子がよくわかり、いろいろ細かく紹介、説明してあったので、安心感が得られた。

・どのような症状でしたか?
以前から頭痛持ちで、今年に入ってから諸事情で仕事の負担が大きくなり、頭痛に加え目の周りと奥の痛み、毎日夕方になると目がまわるような感じと吐き気で動けなくなってきていた。 

・その後の状態(容態)を教えてください。
こちらに初めて来させて頂いた当日から、頭痛以外の症状がなくなり、頭痛も施術して頂く度に回数が減っていき、今では全くと言っていい程なくなった。

・当院を気に入っていただいたポイントを教えてください。

  • 何よりわかりやすくていねいに説明して下さるので、身体や痛みのしくみ、原因、施術の内容、効果がよくわかり、納得安心して受ける事ができる。
  • 子供を連れて来られるのもうれしい。
  • 先生のお人柄。
  • 清潔な院内。
  • 健康に関する情報をいろんな形で提供して頂けるのも参考になる。

岡山で頭痛に悩む人の実際の症例報告はこちら

緊張性頭痛の原因は何でしょう?

ストレス、疲労、姿勢・運動不足などの悪い生活習慣が原因です

頭痛の70%以上を占める緊張性頭痛の原因は「首肩こり」ですね。特に後頭骨の下あたりまでこってくると頭痛になる場合が多いです。ですから、筋収縮性頭痛とも呼ばれます。

<首肩こりから頭痛が起こる仕組み>

1.肩、首、頭の筋肉が緊張する=>2.痛みが出る(・緊張して硬くなった筋肉自体の痛み 、・緊張した筋肉が頭の方に関連痛を飛ばした痛み、・緊張した筋肉が一部の神経を刺激した痛み)=>このようにして頭痛を感じます。

ただ、痛みの出方には個人差がありますので、首肩がこっていても頭痛を感じない人もいますし、めまいや吐き気、耳鳴りなどの症状が同時に出る人もいます。

では、首肩こりの原因は?というと、1.ストレス、2.疲労、3.良くない生活習慣(姿勢、運動不足、スマホ、パソコン、睡眠不足)、ですね。

妊婦さんはホルモンバランスや姿勢の関係で首肩がこりやすくなりますから、頭痛が出やすくなります。

産後のママは授乳で姿勢が悪くなりがちですから、頭痛がある方も多いですね。

妊活中の方はストレスが多いので、首肩こりが出て頭痛までいく方も多く見かけます。

片頭痛の原因は何でしょう?

緊張性頭痛と片頭痛はお風呂に入ったり温めた時に楽になるか?ひどくなるか?で分かれます。片頭痛の場合はお風呂に入ったり、首肩を温めたりすると余計に悪化します。

片頭痛は、はっきりした原因は分かっていませんが、何らかの原因で頭部の血管が収縮することで起こります。血管収縮の誘因は「食べ物」、「昼寝」、「ストレス」などではないかと考えられています。

<片頭痛の起こるしくみ>

1.一定時間、頭部の血管が収縮する=>2.その後、生体防御反応として通常以上に血管が拡張する=>3.拡張した血管が周辺組織を圧迫して痛みになる

片頭痛には前兆の症状があります。

  • 視界がチカチカする
  • 光が見える
  • まぶしさを感じる
  • 音やにおいに敏感になる

このような血管収縮時の神経症状が終わるとほぼ同時に激しい頭痛に襲われます。その後は一定の頻度で発作を起こし続けます。

<発作が起きやすい時>

  • ストレス時
  • ストレスから解放された時
  • 一定の食べ物を食べた後
    • チョコ、ココア(カカオマス)
    • チーズ、柑橘果物(チラミン)
    • 赤ワイン、アルコール飲料(ポリフェノール、アルコール)
    • ベーコン、ソーセージ(亜硝酸化合物)
    • コーヒー、紅茶、緑茶(カフェイン)
    • スナック菓子、うま味調味料(グルタミン酸ナトリウム)

また、天候や明るさなども影響することが多く、自律神経のバランスも関係しているようです。片頭痛を起しやすい体質は遺伝的要素も強いです。

頭痛、片頭痛を解消するには?

緊張性頭痛でつらい時の対処は、首肩の血流を良くすることです。 そのためには、首肩をほぐす、温めることが有効です。 温めたタオルを首に巻いたり、首の上部(後頭骨との境目)をほぐしてあげると おさまってきます。

緊張性頭痛が起こらないようにするには首肩こりを無くせばいいですから、首肩こりのページを参考にしてみてください。

片頭痛でつらい時は頭痛を感じる場所を冷やしてあげると少し楽になります。 少し暗くて静かな部屋で安静にしておくと落ち着きます。 少し眠れたら楽になることも多いですが、寝起きに悪化することもあります。 また、片頭痛がある時は入浴すると悪化しますので、できるだけ控えましょう。

片頭痛が起こりにくくするためには、発作のきっかけになることを避けることが大切です。できれば、片頭痛が出た時の状況(天候、食べ物、生理周期、ストレス、疲れなど)をメモして、自分の傾向を把握しましょう。基本は、発作が起きやすい食品の摂取を控えて、疲れをためないで規則正しい生活をすることです。

「頭痛の頻度を下げる」そのためには、定期的に身体のメンテナンスをする習慣を作ってください。サイクルは自分に合ったものでいいと思います。当院では1ヶ月毎の方が一番多いですね。

岡山で頭痛に悩む人の実際の症例報告はこちら