free web hit counter

不妊整体、マタニティ整体、産後の骨盤矯正、腰痛、肩こりは岡山市北区の整体院・大原カイロプラクティックへ

メニュー

岡山の整体【大原カイロプラクティック】不妊整体/マタニティ整体/骨盤矯正


岡山県岡山市北区野田2-7-12 プチブル野田102

ご予約・お問い合わせはこちら
086-239-3470

受付時間: 平日10~20時
土日祝10~16時
定休日: 水曜日

WEB予約
お問い合わせ

重陽の節句

今日は「重陽(ちょうよう)の節句」です。今までにも何となく聞いたことはあったのですが、ちょっと気になって調べてみました。「重陽」とは五節句の一つで、9月9日のことです。もともと中国古来からの行事で、旧暦では菊が咲く季節であることから菊の節句とも呼ばれます。節句という言葉ですが、日本では気候の変り目の祝祭日のことを節日(せちび)といい、神にお供え物をして祝ってきたという歴史がありました。この節日の供物、「節供(せちく)」という言葉が変化して「節句」ということばになったともいわれます。
よく五節句というように、現在にも五つの節句が伝えられています。
  1月7日、「人日(じんじつ)の節句」(七草粥)
  3月3日、「上巳(じょうみ)の節句」(ひなまつり)
  5月5日、「端午(たんご)の節句」(こどもの日)
  7月7日、「七夕(たなばた)の節句」
  9月9日、「重陽(ちょうよう)の節句」
それぞれの節句は、様々な形で私たちの暮らしの中にいきづいています。
「重陽の節句」は春や夏の節句と違い、今では一般的ではないですが、菊人形展や菊の品評会などは、この重陽の名残だと思われます。
さかんに行われていた重陽の節句が一般的でなくなったのは、旧暦から新暦にこよみが移り、まだ菊が盛んに咲く時期ではなくなってしまったことが大きいのかもしれません。
まだ暑い日が続きますが、今日の「重陽の節句」も季節の変わり目の日として、それぞれの工夫で楽しんで見てはいかがでしょうか!