free web hit counter

不妊整体、マタニティ整体、産後の骨盤矯正、腰痛、肩こりは岡山市北区の整体院・大原カイロプラクティックへ

メニュー

岡山の整体【大原カイロプラクティック】不妊整体/マタニティ整体/骨盤矯正


岡山県岡山市北区野田2-7-12 プチブル野田102

ご予約・お問い合わせはこちら
086-239-3470

受付時間: 平日10~20時
土日祝10~16時
定休日: 水曜日

WEB予約
お問い合わせ

山陽新聞と読売新聞

dcb8b87a.gif先程、山陽新聞の購読を断った「大原」です
岡山に来てから10年以上になりますが、新聞は地元紙が良いと思ってずっと山陽新聞をとってました。今までも転勤でいろいろなところに住みましたが、住んでたところの地元紙を読んでいたことが多かったですね 地元紙を購読していた目的は、地元の情報を収集することと、チラシがたくさん入ることでした。でも、最近は新聞に入ってくるチラシを見ることも少ないですし、地元の情報もあまりにマイナー過ぎて読んでいないことが多いです
そんな中で、妻の実家で別の新聞を読む機会があって、余計に新聞の差に気づかされました 妻の実家は「読売新聞」をとってるんですが、これがなかなか面白い 今まで全国紙の中で読売新聞だけは読んだことが無かったんですね~。何故なら、私は阪神タイガースファンでアンチ巨人だからで~す しかし読んでみると使えそうな情報が多いですね 主たる記事はどこでもそんなに変わりませんが、特集記事やコラムとか、ちょっとした記事はなかなかですね~。さすがに世界一の発行部数を誇るだけのことはあります 巨人だけのことで読んでなかったことを反省しました
とりあえず5月から「山陽新聞」を「読売新聞」に切り替えました。
山陽新聞に電話すると、理由を聞かれ、「また営業に行きます」と言って来ましたが、今まで何のサービスも無く、何の営業も無く、地元紙という力で発行部数を確保してきたことは競争力を無くさせることにつながります もっともっと面白い紙面作りを目指してほしいと思いますね~