free web hit counter

不妊整体、マタニティ整体、産後の骨盤矯正、腰痛、肩こりは岡山市北区の整体院・大原カイロプラクティックへ

メニュー

岡山の整体【大原カイロプラクティック】不妊整体/マタニティ整体/骨盤矯正


岡山県岡山市北区野田2-7-12 プチブル野田102

ご予約・お問い合わせはこちら
086-239-3470

受付時間: 平日10~20時
土日祝10~16時
定休日: 水曜日

WEB予約
お問い合わせ

不妊治療・不妊整体

整体/カイロプラクティック/不妊

不妊整体とは?

結婚したら自然に赤ちゃんができると思っていたのになかなかできないご夫婦は以前は10組に1組と言われていましたが、最近では6組に1組くらいになっていると思われます。現在、日本中で約200万組のご夫婦が不妊治療中です。

私(院長)も7年間の不妊治療の結果、男の子の双子を授かりました。不妊治療の中でも体外受精(顕微授精を含む)などは医学的な問題がある夫婦にとっては画期的な技術ですが、それでも何年もかかってしまったり、何年経っても良い結果が出ない方も多いです。

逆に病院での不妊治療が肉体的精神的ストレスを高め、より妊娠しにくくしている場合も多いと思われます。私の経験からしても病院での不妊治療は治療している人の心や体のことよりも、早く結果を出そうというスピードを重視しているところが多いように思います。

私達も7年間の治療の間は何度涙を流したかわかりません。それでも妻の頑張りで常に新しい方法に挑戦し続けました。最終的に妊娠した時は私が毎日のように妻の体のケアをし続けました。

つまり、母体の状態が健康であることが第一で、それに医療技術による不妊治療が加わればもっといい結果が出るだろうということです。

母体が健康というのは病気がないということではなく、身体が快調である(腰痛、肩こり、頭痛、冷え、便秘等がない)という状態です。

当院に不妊ケアで来院される方の大半に、肩こり、冷え症、自覚は無いけれども体がガチガチ、ストレスが多いという特徴があります。
それらが改善していくことで妊娠される方が多いということは、それだけ母体の健康状態というのは重要な要因になるということですね。

・不妊治療のために病院に行こうかどうか迷っている。

・不妊治療をしているが思うような結果が出ていない。

・いつまで不妊治療を続けるか悩んでいる。

現在このようなことでお悩みの方は、妊娠に向けてできるだけのことをやってみませんか?
精神面も含めて全力で応援させて頂きます。

※不妊整体を受けた方の声はこちら

※「実際の症例報告」はこちら

当院の不妊整体の施術方針

①母体の体調の改善が第一

肩こり、腰痛、冷え症、便秘、だるさ、疲れが取れないなどの症状を解消していきます。
自覚症状のあるなしにかかわらず全身を施術することで変化を感じて頂けます。

②妊娠しやすい体に体質改善

全身施術を続ける事によって代謝アップ、体温の向上などの結果が出てくると思いますが、内臓や生殖系のポイントも独自施術法で調整していきます。

具体的には生理周期の安定、高温期の向上、卵の質の向上などを目指します。

③施術のタイミングが重要

排卵前後、採卵前、受精卵の移植前後など特に身体を整えておくべきタイミングがあります。
その時期の集中施術が重要です。

④ストレスコントロール

不妊に悩んでいる方のストレスは半端なものではありません。そしてストレスが身体に与える影響も大きいです。
不妊自体で悩むストレス、不妊治療の肉体的精神的ストレス、家族や親戚からのプレッシャー、家族や職場の非協力など数え上げればきりがありません。

私(院長)の7年間の不妊治療経験を活かして、経験者でないとわからないお話などを交えて今のつらい心のケアもしていきます。

不妊整体の施術内容

①カウンセリング

現在の体調や不妊の状態・経過、基礎体温などについて詳しくお聞きします。気になる症状や言いにくい悩みでも、気軽にご相談ください。
カウンセリング後に検査をして身体の状態と具体的な施術内容を説明し、ご理解いただいた上で施術にうつります

②全身の筋肉の緩和

うつ伏せと仰向けで、硬くなった筋肉を足から首肩まで順番にゆるめていきます。
今まで不調感のなかった方でも、体が軽く楽になったのを実感して頂けるでしょう。

③内臓と生殖系ポイントの調整

子宮を含めた内臓の状態が身体に与える影響も大きいです。不妊パターン(着床しない、流産する、排卵不全)によって個別の施術をしていきます。
この施術後はお腹が温かくなるのを感じて頂けます。

④アフターケア

妊娠しやすい体になるための生活習慣、姿勢改善のアドバイスや自宅でできるエクササイズなどを説明します。

※施術時間は状態によって前後しますが、50~60分くらいです。

※「実際の症例報告」はこちら